広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

コンセプト開発の秀逸事例

ブランドが掲げるコンセプトは、どのような形で、生活者の元に届くのでしょうか。プロダクトやコンテンツ、店舗など、様々な場で表現されたコンセプトを紹介します。

    Case 01 R −the wine shop−

    神戸の閑静な住宅街にあるワインショップで、単にワインを購入するだけでなく、その日のメニューを伝えるだけでピッタリの1本を勧めてくれます。知識豊富なメンバーから聞く、産地や生産者のバックストーリーのおかげで、週末の食卓を豊かで楽しい時間にしてくれます。店舗での滞在時間はほんの数分ですが、ものを売るだけでなく、コンセプトをセットで提供してくれる“体験のデザイン”の好事例だと思います(木村氏)。


    Case 02 パタゴニア プロビジョンズ「ロング・ルート・ペールエール」

    長い根(ロングルート)をはり、従来の小麦よりも少ない水で育ち、環境負荷の少ない 多年生穀物「カーンザ」に着目。ポートランドのブルワリーと共同で、世界初となるカーンザからつくられたロング・ルート・ペールエールを発売。さらに多くの農家と協力して生産面積を拡大。売れれば売れるほど地球環境が改善する仕組みを実装している。仕組み自体がパーパスを体現している「パーパス型」、それを美しくヴィジュアライズしたパッケージも含め脱帽(三浦氏)。


    Case 03 マーベル・シネマティック・ユニバース

    ファイギ社長は「アイアンマン」発表時に「初めに主要なキャラクターの個々の映画を公開し、その後クロスオーバー映画で合流させる」という構想を発表。それが「アベンジャーズ」に。始めから最後までの計画を緻密に立てるのではなく、各映画の成功を積み上げながら、常に流動的に物事や状況をとらえながら壮大なサーガを実装し...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する