広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

求めるのは私たちが気付いていない視点 企業が抱える課題に対する解決策を

猪爪一満氏(協賛企業 グルメ杵屋)

グルメ杵屋は、昨年の第56回「宣伝会議賞」で一般部門に初めて協賛。昨年の実施を受け、今年の第57回では一般部門と中高生部門に協賛しています。2年連続、さらに今回は両部門への協賛を決めたグルメ杵屋の猪爪一満氏に話を聞きました。

自分たちが気付いていない魅力を発見する機会になる

グルメ杵屋は、グルメ杵屋レストランなどを子会社に持ち、30以上436店舗にも及ぶ外食ブランドを展開。そのなかでも昨年の課題では「そじ坊」ブランドに絞り、「そじ坊の魅力を伝えるアイデア」を募集した。

そもそも「宣伝会議賞」に協賛することになった経緯として、総務部の猪爪一満氏は社名、ブランド名の認知やブランディングに課題を感じていたと話す。「グルメ杵屋は大阪の企業なので、『そじ坊』などのブランドも関西では知られていますが東京では知名度が高くないことに課題を感じていました。また複数のブランドを抱えているため、各ブランドと『グルメ杵屋』という社名を結びつけて把握していただけていないお客さまも多く、企業の認知拡大も図りたいと考えていました」。

昨年の課題で協賛企業賞を受賞したキャッチフレーズは、「入りやすくて、帰りにくい。」 …

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

アイデアに行き詰まったときは自分をいろいろな状況に置いてみよう
求めるのは私たちが気付いていない視点 企業が抱える課題に対する解決策を(この記事です)
憧れを憧れのままで終わらせない 力試しの機会になった「宣伝会議賞」
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(6)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(5)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(4)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(3)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(2)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(1)
第57回「宣伝会議賞」中高生部門、作品募集中!
応募締切は11月6日 第57回「宣伝会議賞」募集概要
通過率1%の一次審査通過作品数をチームで競う! 大学生チーム対抗企画のご案内
「中高生部門」、今年も開催します!キャッチフレーズを考えてみませんか?
総勢119名による審査 第57回「宣伝会議賞」審査員紹介
コピーを考えることで養われる、相手の気持ちを考えるスキル(最終審査員・安路篤氏)
宣伝会議賞は「若い世代が生み出す新たな発見も楽しみ」 白石聖さんインタビュー
秋山具義さん×谷山雅計さん 宣伝会議賞で言葉を考える楽しさを知ってもらいたい
応募者は、どんな人たち?性別、職業、年齢、地域別応募割合を紹介
会社の仲間と共に課題に取り組む 切磋琢磨の末、勝ち取ったグランプリ
第57回「宣伝会議賞」作品募集開始!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する