広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

総勢119名による審査 第57回「宣伝会議賞」審査員紹介

最終審査員

[審査員長]

ナカハタ
コピーライター/クリエイティブディレクター
仲畑貴志

1947年京都市生まれ。広告企画・制作、マーケティング戦略、新製品開発などが専門。数多くの広告キャンペーンを手がけ、カンヌ国際広告祭金賞のほか数々の広告賞を受賞。代表作は、サントリートリス「雨と仔犬」、TOTOウォシュレット「おしりだって、洗ってほしい。」など。東京コピーライターズクラブ会員、東京アートディレクターズクラブ会員。事業構想大学院大学教授。また、毎日新聞紙上で「仲畑流万能川柳」の選者も務める。

一倉広告制作所
コピーライター
一倉 宏

1955年生まれ。サントリー宣伝部から、仲畑広告を経て、一倉広告制作所を設立。主なコピーとして、松下電工「きれいなおねえさんは、好きですか」、サントリーモルツ「うまいんだな、これがっ」、ファミリーマート「あなたと、コンビに」、リクルート「まだ、ここにない、出会い」、JR東日本「愛に雪、恋を白」「MY FIRST AOMORI」、大塚製薬「ポカリ、のまなきゃ」などがある。TCC最高賞など受賞多数。作詞家としても活躍中。著書に『ことばになりたい』ほか。

Tang
クリエイティブディレクター・コピーライター
尾形真理子

2001年博報堂入社、2018年Tang設立。企業のスローガン開発、ネーミング、ブランディングコミュニケーションの設計をはじめ、数々の広告制作を手掛ける。主なクライアントに、SHISEIDO、LUMINE、KIRIN、NISSAN、FUJITSU、Tiffany&Co.など。TCC賞、ACC賞、朝日広告賞グランプリなどをはじめとして、受賞多数。その他、小説、コラムや歌詞なども執筆。

電通
クリエーティブ・ディレクター/コピーライター
門田 陽

1963年福岡市生まれ。福岡大学人文学部卒業後、西鉄エージェンシー、仲畑広告制作所、電通九州を経て現在に至る。TCC新人賞、TCC審査委員長賞、FCC最高賞、ACC金賞、広告電通賞他国内外賞多数受賞。2015年より福岡大学広報戦略アドバイザーも務める。

児島令子事務所
コピーライター
児島令子

主な仕事に、earth music&ecology「あした、なに着て生きていく?」「服という商品は。」、LINEモバイル「愛と革新。」、STAND BY MEドラえもん「すべての、子ども経験者のみなさんへ。」、日本ペットフード「死ぬのが恐いから飼わないなんて、言わないで欲しい。」、JR東日本「大人は、とっても長いから。」、ANA別冊ヨーロッパ「別ヨ」、パナソニック「私、誰の人生もうらやましくないわ。」、サントリー「ウイスキー飲もう気分。」、スターバックス、サントリー食品の株式上場広告など。TCC最高賞ほか受賞多数。

ゴンパ
CMプランナー
権八成裕

電通→シンガタ→ゴンパ。Family Mart。金麦ゴールドラガー。ストロングゼロ。WACK先に謝罪キャンペーン。WACK「◯◯◯と言える世の中を~WACK愛と勇気と100万円~」earth music&ecology。新しい地図。72時間ホンネテレビ企画。クソ野郎と美しき世界。香取慎吾NIPPON初個展BOUM!BOUM!BOUM!。SMAP「not alone」「ユーモアしちゃうよ」作詞。

電通
SPEP/CMプランナー
澤本嘉光

1990年東京大学卒業後、電通入社。ソフトバンクモバイル「ホワイト家族」、東京ガス「ガス・パッ・チョ!」、家庭教師のトライ「ハイジ」など話題のテレビCMや、乃木坂46、TMレボリューションなどのPVを制作。著書に小説「おとうさんは同級生」、小説・映画「犬と私の10の約束」脚本、映画「ジャッジ!」原作脚本。東方新起などの作詞も担当。クリエイター・オブ・ザ・イヤー、TCC賞 グランプリ、ACCグランプリ、カンヌ国際広告祭銀賞、ADFESTグランプリ、クリオ賞金賞・銀賞、など受賞多数。

谷山広告
コピーライター/クリエイティブディレクター
谷山雅計

1961年大阪府生まれ。博報堂を経て1997年谷山広告を設立。主な仕事は東洋水産「マルちゃん正麺」資生堂「TSUBAKI」東京ガス「ガス・パッ・チョ!」新潮文庫「Yonda?」など。主な著作に「広告コピーってこう書くんだ!読本」「広告コピーってこう書くんだ!相談室」(宣伝会議刊)。

照井晶博
コピーライター
照井晶博

主な仕事は「ティーーーっス!」「#問題児求む」「奪Sh!」「時代がどうあれ、」「休み方改革!」「休みてーーーーーーー!」「世界をいまよりよくすることはできるだろうか」「Honda NEWTYPE!」「WORK&PEACE」「勤続25年 これからも『働く人の相棒』で」「どんばれ」「うまいか、おいしいか、どっちかです。」「このろくでもない、すばらしき世界。」「This is サイコーにちょうどいいHonda!」など。

フリーエージェント
コピーライター/クリエーティブディレクター
中村 禎

1957年生まれ。JWトンプソン、サン・アド、電通を経て2016年フリーエージェント・コピーライターとして独立。TCC最高新人賞、TCC賞、TCCグランプリ、ほか多数。著書に『最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法』(宣伝会議刊)がある。

福本ゆみ事務所
コピーライター/ディレクター/俳人
福本ゆみ

福本ゆみ事務所にて、主にラジオCMの企画制作、テレビCMの企画を手がける。ACCグランプリ、電通賞、JAA賞などを受賞。句集「汽水」で、自費出版文化賞受賞。
https://www.fukumotoyumi.com/

大広
コピーライター
安路 篤

主な仕事に、近畿日本鉄道、WOWOW、サントリー、帝人、東芝、ECC、エイチ・アイ・エス、東京サマーランド、全労済、NOVA、小笠原村観光局、ACなど。主な受賞歴に、TCC賞、ACC賞、日経広告賞、毎日広告デザイン賞、広告電通賞、クリオ賞、ニューヨークADC賞、ロンドン広告賞、ほか多数。

コトバ
クリエイティブディレクター/コピーライター
山本高史

関西大学社会学部教授。1961年生まれ。TCC最高賞、TCC賞、クリエイター・オブ・ザ・イヤー特別賞、ADC賞など受賞多数。著書に『案本』、『伝える本。』、『広告をナメたらアカンよ。』、小説『リトル』、『ここから。』(共著)など。近著は「伝わるしくみ」。

BORDER inc.
クリエイティブディレクター/CMプランナー
横澤宏一郎

博報堂を経て、2016年BORDER inc. 設立。主な仕事は、ソフトバンク「ギガ国」シリーズ、日野自動車「ヒノノニトン」、リクルート「SUUMO」(キャラクター・スーモくん開発含む)「リクナビNEXT」、PlayStation 4「山田孝之」、UHA味覚糖「ぷっちょ」、アース製薬「アース虫よけネット」、ダイハツ「BOON」、クリーム玄米ブラン、LIXILなど。

博報堂クリエイティブ・ヴォックス
コピーライター/クリエイティブディレクター
吉岡虎太郎

1992年博報堂に入社し、現在は博報堂クリエイティブ・ヴォックス所属。スズキ自動車ハスラー・クロスビー、花王ビオレ洗顔料・メイク落とし、レディースアートネイチャー、大塚製薬、リクルート、日本コカコーラ、朝日新聞、トヨタ自動車、ロフトなどを担当。TCC審査委員長賞、日経広告賞最優秀賞、JR東日本ポスターグランプリ優秀賞など受賞。


審査員

CHERRY
コピーライター
青木一真

2005年ADK入社。営業からクリエイティブへ異動後、コピーライターとしてマス制作や統合キャンペーンを担当。人や社会の本質を捉えたコンセプトを起点に、マスからデジタル、PRまで多面的な施策展開を得意とする。2018年「CHERRY」を設立。ACC MC部門ゴールド、朝日広告賞、新聞広告賞、TCC新人賞など、受賞多数。

赤城廣告
コピーライター/クリエイティブディレクター
赤城廣治

1966年生まれ。最近の仕事に、横浜DeNAベイスターズ「69年前の下関。誰かの星になるために僕らは生まれた。」、熊本市復興PR「立つんだ熊本ジョー」「津軽を歌ってますが、石川は、熊本です。」、京王電鉄TAKAO PR「この花、好きなんだよと笑う、この人のこと好きだなと思う。」、NTTアーバンソリューションズ「あしたのわがまち」。主な仕事に、大阪ガス「ガ、スマート!」、公明党「そうは、いかんざき。」。TCC新人賞ほか受賞。

電通
クリエーティブディレクター
阿部光史

電子工作系クリエーティブディレクター。神戸市生まれ。主な仕事に、アイフル「どうする?アイフル!」CMシリーズ、アニメ「豆しば」CD、家庭教師のトライ、キリン、P&G、ネスレ、コロプラ、Twitter、American Expressなど。安川電機「YASKAWABUSHIDOPROJECT」は世界で1700万Viewを突破。Cannes、NYfes、Spikes Asia、Adfest、Epica、文化庁メディア芸術祭、コードアワード、BOVA、Yahoo!インターネットアワード、TCC、ACCなど受賞。

電通
クリエーティブディレクター
池田定博

大日本印刷、ガル・デザイン・システムを経てCMプランナーに。ACCラジオグランプリ、作詞作曲家賞ほか受賞。TCC、OCC会員。

インプロバイド
コピーライター/クリエイティブディレクター
池端宏介

1978年北海道北見市生まれ。SCC(札幌コピーライターズクラブ)会員。上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。日本デザインセンター、エルグなどを経てインプロバイド入社。フリーランスでも活動。近年は故郷オホーツクなど地域案件が多い。SCC賞2019では北見藤高校で最高賞、JR貨物北海道支社で準最高賞を受賞。ネーミング実績に「よくねたいも」「ドリノキ」など。

大広
クリエイティブディレクター
生駒達也

主な仕事にパナソニック、サントリー、積水ハウス、近畿日本鉄道ほか。ACC賞、TCC新人賞、毎日広告デザイン賞グランプリ、NYフェスティバル銀賞など多数受賞。

電通
コピーライター/クリエイティブディレクター
石田文子

最近の仕事にユニクロ・ブラトップ「100人の胸。100の美しさ。」、シチズンxC「なにかを始める時が、その人の春だと思う。」、明治「POWER!ひとくちの力」、JR青春18きっぷなど。宣伝会議賞金賞、ACCジャーナリスト賞、アドフェスト、スパイクスアジア金賞など受賞多数。『映画の天才』運営。著書に『小さなキミ』(小学館)。

サン・アド
コピーライター
岩崎亜矢

主なコピーに、JINS「私は、軽い女です/軽い男です」「人生なんて、顔で変わる」、村田製作所「恋のドキドキだって、いつか、電気をおこすだろう」「この奥さんは、介護ロボットかもしれません」、商業施設「GINZASIX」ネーミングなど。「檸檬」の作詞や、「僕はウォーホル」「僕はダリ」(パイインターナショナル)など翻訳本の監訳も手がける。2015年より京都精華大学非常勤講師、コピーライター養成講座先輩コース講師。

電通
クリエイティブディレクター/コピーライター
岩田純平

サントリー角「角ハイボールがお好きでしょ」トリス「なんかしあわせ」JTルーツ「ルーツ飲んでゴー!」「それでも、前を向く」JT企業「想うた」「ひといきつきながら」花王「アタックゼロ」ヤフー「新元号号外」KINTO「まだクルマ買ってるんですか」公文「くもんいくもん」フォルクスワーゲン「ゴキゲン♪ワーゲン」東芝「10年カレンダー」など。著書に「それでも、前を向く」作詞に「ひといきつきながら」(山本彩)。TCC賞、カンヌゴールドなど受賞。

電通
コピーライター
上田浩和

電通第4CR所属コピーライター。KIRIN、静岡新聞SBS、宝島社、SMBC、あいおいニッセイ同和損保などを担当。TCC賞、TCC新人賞、ACC賞、電通賞など受賞。

I&S BBDO
エグゼクティブクリエイティブ ディレクター/CMプランナー
上野達生

クリエイター・オブ・ザ・イヤー メダリスト二度受賞は地方初。全日本広告学会MostExpectativePresentation賞、TCC、K-ADCグランプリ、FCCグランプリ、CCNグランプリ、ACC受賞多数。Adfest,NewYorkFes.など海外賞受賞。福岡大学非常勤講師,臨時講義多数。&SAKE FUKUOKA大使。高知県観光特使。

西鉄エージェンシー
コピーライター
占部邦枝

最近の仕事に西鉄ホテルグループ、かしいかえん、タンスのゲンなどがある。福岡広告協会賞、FCC賞、TCC新人賞、TCC審査委員長、ACC賞、宣伝会議賞銅賞など受賞。

モノ・カタリ。
クリエイティブディレクター
大岩直人

受賞歴は、NYワンショー金賞、カンヌ銀賞ほか。カンヌ、NYワンショー、アドフェスト、東京インタラクティブアドアワードほか国内外の審査員を歴任。2015年に電通を退社、2016年より「モノ・カタリ。」で活動。最近は各分野のアーティストとのコラボレーションやクリエイティブコンサルティング業務に携わることが多い。2017年より東京経済大学コミュニケーション学部教授。

電通中部支社
クリエーティブ・ディレクター
大塚久雄

1980年生まれ。2005年電通入社。2013年から中部支社勤務。TCC新人賞、ACC賞フィルム部門シルバー、広告電通賞フィルム広告最高賞、消費者が選んだ広告コンクールデジタル部門グランプリ、FCC賞など受賞。

SIX
クリエイティブディレクター
大八木 翼

2013年SIX設立。"広告は、ひととひととをつなぎ、世界を良き方向へと向かわせる、最大のメディア・アートである"という考えのもと、自分なりのソーシャルグッドを探し求める。主な作品に「HERMES:エルメスのちいさな絵本」「SMBC日興証券:オウンドメディアFROGGY」「AMKK:EXOBIOTANICA」。夢は、ボリス・ヴィアンのカクテルピアノのような装置をつくること。プラダのショーと村上春樹の新作を楽しみにしながら毎日を生きている。

電通クリエーティブX
取締役
岡崎数也

コピーライター/クリエーティブディレクター。電通関西支社クリエーティブ局を経て、2014年より現職。TCC新人賞、OCCクラブ賞、朝日・読売・毎日広告賞など受賞。

電通九州
クリエイティブディレクター
尾形嘉寿

2017年、I&SBBDOより電通九州へ転職。国内及びグローバルの多岐に渡る業種を担当。国内ではACC、クリエイターオブザイヤー、電通賞など、グローバルではCannesLions,SPIKES,LIA,CLIOなどの受賞歴あり。

Que
クリエーティブディレクター/CMプランナー
岡部将彦

2000年電通入社2017年Que設立に参加。広告、事業領域やアイドルプロデュース等、様々な形のコミュニケーション企画、コンテンツ制作に従事。最近の主な仕事に水素自動車MIRAIやAQUA、プリウスPHV、C-HRなどのトヨタ自動車の先進車種のコミュニケーション。「モンスターハンター:ワールド/また夢中になれる毎日がやってくる。」「星のドラゴンクエスト」「ほっともっと/やっぱり、お弁当屋さんのおべんとうはおいしい。」日本コカ・コーラ「檸檬堂」など。

電通 中部支社
統括・戦略クリエーティブディレクター
岡本達也

1959年生まれ。1987年度朝日広告賞入選、1990年度読売ユーモア広告大賞受賞、1991・1998年度準朝日広告賞ほか、消費者のためになった広告コンクール、愛知広告協会賞、コピーライターズクラブ名古屋優秀賞、ACC奨励賞など受賞。

フルボリューム
コピーライター
小川英紀

主な仕事にコスモ石油、アデランス、トステムなどがある。TCC新人賞、TCC広告賞など受賞。

O
コピーライター/クリエイティブディレクター
呉 功再

博報堂を経て2013年O設立。主な仕事:SEGA「せがた三四郎、セガサターンシロ!」TCK「1チャック!2チャック!!3チャック!!!」日清製粉RUN「世界一愛してくれる人が、世界に一人いれば、幸せです。」コニカミノルタ「11人のロナウジーニョ」トヨタVOXY「男旅」アサヒ スーパードライ「ファンがいる。ファンに応える。」ユニクロ ジーンズ「将来の夢、本田圭祐。」SUZUKIワゴンR「あたらしいたのしいが、R」など。千葉県生まれ。

電通 中部支社
クリエーティブディレクター/コピーライター
尾崎敬久

1970年生まれ。主な仕事に、愛知県(モノスゴ愛知でマツケン)、愛知県(人権週間)、パルコ、平安閣(マリエール)ほか。リクルート、大広を経て2005年より現職。受賞歴はTCC新人賞、CCN賞、FCC賞、OCC賞、ACC賞、広告電通賞、アイチアドアワード、鈴木三郎助地域クリエイティブ大賞優秀賞、カンヌライオンズ、アドフェスト、ワンショー、ロンドン国際広告賞など。

サン・アド
クリエイティブディレクター/コピーライター
笠原千昌

コンセプトから、広告制作、ブランディング、商品開発、ネーミング、作詞などもろもろ。サン・アドの文具ブランド・ブンケンの『おさんぽBINGO』。書籍『おさんぽBINGOたのしいおさんぽ図鑑』。SUNTORY山崎蒸溜所「山崎からの贈り物」。福岡空港「greenblue」。王子サーモン。リビスコなど。TCC新人賞、ACC賞、NY ADC賞、朝日広告賞など。

コピーライター
片桐義晴

情報誌出版社を経てフリーランスになり20年超。地元静岡で広告をつくりつづけているコピーライター。グラフィックからテレビCM、ラジオCMまでこなし、経験だけは豊富だ。得意分野は新聞広告、ポスター制作など。飛行機が大好きなため、ハードな内容でも空を飛ぶ仕事は断れない。SCCメンバーと協力して立ち上げた「SCCしずおかコピー大賞」が今年第10回を迎え、キャプテン(事務局長)として運営を支える。

電通
コピーライター/CMプランナー
勝浦雅彦

質庫ぜに屋本店、東芝LED、inゼリー、ラグビーW杯CM等を制作。コピーに、LOFT「去年より、恋がうまくなった。なんだかつまらない。」大牟田スイミングスクール「お母さんの声援が聞こえるから、息つぎが好き。」自殺予防週間「明日も、「ただいま」を聞かせてください。」お仏壇のコガ「お母さん、お母さんになったよ。」など。TCC賞、ADFEST FILM最高賞、Spikes Asia、Cannes Lions、クリエイターオブザイヤーメダリストなど受賞。「つくる人の会」主催。

博報堂
クリエイティブディレクター/CMプランナー
川島章弘

1971年生まれ。主な仕事に、小学館「九十歳。何がめでたい」、第一三共クリーンデンタル、J:COMざっくシリーズ、近畿大学ぶっ壊すシリーズ、キンチョープレシャワーなど。2018年ACCマーケティングイフェクティブネス部門ゴールド、フィルムB部門シルバー、ラジオCM部門ブロンズ、第45回佐治敬三賞、毎日広告デザイン最高賞、TCC新人賞、ギャラクシー賞など受賞。

博報堂
クリエイティブディレクター/コピーライター/CMプランナー
河西智彦

幸楽苑「2億円事件。」、姫路セントラルパーク「日本一心の距離が遠いサファリパーク」、アウディ「日本初3.2秒CM」、森永ハイチュウ、剣と魔法のログレス「吉田部長シリーズ」、味の素「鍋ドン!」、ひらかたパーク「ひらパー兄さんシリーズ」、スペースワールド「なくなるヨ!全員集合」、岩手日報3月11日広告など。カンヌ金賞、スパイクスアジア金賞、ACC金賞、TCC審査委員長賞、電通賞、OCCグランプリ、CCNグランプリ、FCCグランプリなど。著書『逆境をアイデアに変える企画術』。

博報堂
クリエイティブディレクター/CMプランナー
神田祐介

主な仕事に、JMS「連続10秒ドラマ:愛の停止線」、「I’m My Car」、テレビ東京ドラマ「きのう何食べた?」企画監修、マンダム「LUCIDO」、スポーツくじBIG「店員石田ゆり子」など。ACCグランプリ、ADFEST Film craft GOLD、文化庁メディア芸術祭マンガ部門、LIA、朝日広告賞など受賞。愛の停止線で2019年TCC賞。

かんべ笑会
コピーライター/コミュニケーションプランナー/クリエイティブディレクター
神戸海知代

TCC会員、九州ADC会員、JAPAN MENSA会員。2016年かんべ笑会を福岡で開業。クライアント直の案件も、広告代理店や制作会社と連携する案件も、いろいろなニーズに向きあう毎日。最強のクライアントは、4歳の息子そーすけ。ぐいパン「パンツは、よごれるためにある。」、ふくや「また、送ってね。と言ってほしいから。」など制作。TCC新人賞、日本雑誌広告賞・経済産業大臣賞、消費者のためになった広告コンクール・金賞など受賞。

電通 関西支社
クリエーティブディレクター/コピーライター
絹谷公伸

セキスイハイム、NTT西日本、大関、UHA味覚糖などTCC賞、OCC賞、ACC賞、電通賞、フジサンケイ広告賞、海外広告賞など。

GYOKU
アートディレクター
久田友太

1982年、沖縄生まれ。GYOKU CEO、GUILD OKINAWA 取締役、ocy 会長。2015年、沖縄のクリエイターズクラブ、ocy(オキー:Okinawa Creators Yui)会長に就任。2019年4月、PARTYとGUILD OKINAWAとともに、沖縄で唯一のデジタルクリエイティブカンパニーを目指す、GYOKUを設立、代表取締役社長に就任 …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

通過率1%の一次審査通過作品数をチームで競う! 大学生チーム対抗企画のご案内
「中高生部門」、今年も開催します!キャッチフレーズを考えてみませんか?
総勢119名による審査 第57回「宣伝会議賞」審査員紹介(この記事です)
コピーを考えることで養われる、相手の気持ちを考えるスキル(最終審査員・安路篤氏)
宣伝会議賞は「若い世代が生み出す新たな発見も楽しみ」 白石聖さんインタビュー
秋山具義さん×谷山雅計さん 宣伝会議賞で言葉を考える楽しさを知ってもらいたい
応募者は、どんな人たち?性別、職業、年齢、地域別応募割合を紹介
会社の仲間と共に課題に取り組む 切磋琢磨の末、勝ち取ったグランプリ
第57回「宣伝会議賞」作品募集開始!
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【9】ー中高生部門 審査講評
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【8】─ 一次審査講評(3)
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【7】─ 一次審査講評(2)
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【6】─ 一次審査講評(1)
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【5】─最終審査員から審査講評
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【3】ーファイナリスト
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【4】─最終審査会、パーティー
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【2】─各賞、受賞者発表!
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【1】─グランプリ作品発表

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する