広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(6)

ホーチキ/本田技研工業/三井記念美術館/ヤフー/ヤブシタ/ロイヤリティ マーケティング(Ponta)

第57回宣伝会議賞の協賛企業から、作品制作にあたってのアドバイスをいただきました。各協賛企業の担当者の方からのヒントとして、下記4項目からなる各課題のポイントを掲載します。

    課題のポイント

    (1)今回、募集する作品に期待すること
    (2)市場・ターゲットの動向や特徴
    (3)課題商品・サービスの訴求したいポイント
    (4)制作にあたっての注意事項

課題31 ホーチキ
ホーチキの住宅用火災警報器を選んでもらえるアイデア

広報宣伝室 室長 木戸透雄氏

(1)1918年創立時の社名は東京報知機。1972年にはホーチキに社名を変更。名前のアドバンテージからか、世の中の報知機のほとんどが当社製だと思っている方も少なからずいらっしゃいます。しかし、全ての報知機がホーチキ製品とは限りません!様々な会社が販売する機器の中で、私たちホーチキが販売する住宅用火災警報器をより多くの人に選んでもらえるようなアイデアを募集します。安全・安心だけではない、幅広いアイデアを期待しています。

(2)2006年6月に改正消防法が施行され、住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。義務化から10年以上が経過。電池寿命(約10年)や経年劣化から、多くの住宅で買い替えが必要な時期を迎えています。チャンスと言ってもよいかもしれません。

(3)住宅用火災警報器は、いつもは静かに住宅火災から皆さまを見守り、いざというときには大きな音で火災をお知らせする機器です。

(4)NGワードを設定しておりますので、ご確認ください …

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

アイデアに行き詰まったときは自分をいろいろな状況に置いてみよう
求めるのは私たちが気付いていない視点 企業が抱える課題に対する解決策を
憧れを憧れのままで終わらせない 力試しの機会になった「宣伝会議賞」
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(6)(この記事です)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(5)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(4)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(3)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(2)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(1)
第57回「宣伝会議賞」中高生部門、作品募集中!
応募締切は11月6日 第57回「宣伝会議賞」募集概要
通過率1%の一次審査通過作品数をチームで競う! 大学生チーム対抗企画のご案内
「中高生部門」、今年も開催します!キャッチフレーズを考えてみませんか?
総勢119名による審査 第57回「宣伝会議賞」審査員紹介
コピーを考えることで養われる、相手の気持ちを考えるスキル(最終審査員・安路篤氏)
宣伝会議賞は「若い世代が生み出す新たな発見も楽しみ」 白石聖さんインタビュー
秋山具義さん×谷山雅計さん 宣伝会議賞で言葉を考える楽しさを知ってもらいたい
応募者は、どんな人たち?性別、職業、年齢、地域別応募割合を紹介
会社の仲間と共に課題に取り組む 切磋琢磨の末、勝ち取ったグランプリ
第57回「宣伝会議賞」作品募集開始!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する