広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

アイデアに行き詰まったときは自分をいろいろな状況に置いてみよう

山本友和氏(第57回「宣伝会議賞」審査員)

「宣伝会議賞」の審査員を務める、クリエーティブディレクター・CMプランナー・コピーライターの山本友和氏。文系出身者が多いコピーライターですが、山本氏は理系出身、大学院で爆薬の研究をしていたと言います。山本氏の発想法には独自性があるのでしょうか。応募者の方へのアドバイスとして発想法を聞きました。

理系専攻で培った論理的思考がコピーライターに役立つ

コピーライターには直感的な閃き型だったり論理的思考型だったり、いろいろなタイプがいる。その中で、電通でクリエーティブディレクター・コピーライターとして活躍し、第57回「宣伝会議賞」の審査員を務める山本友和氏は、自身を論理的思考型だと分析する。

論理的思考型コピーライターである山本氏だが、その理由のひとつに、理系出身であることが影響しているようだ。山本氏は、大学院では爆薬の研究をしていたという、広告業界では異色の経歴を持つ。

理系を専攻した山本氏だが、実は幼少時代から広告には親しんでいた。ただ広告業界やコピーライターという仕事があることを知ったのは大学入学後のこと。そして就職を考えた時に、このまま爆薬の研究を続けるか考え、広告をつくりたいとコピーライターを志すことになった。

そして電通に入社したが最初は営業部へ配属された。その後コピーライターになるため、「宣伝会議賞」への挑戦などを経て、3度目のクリエーティブ転局試験で転局を果たした。

広告企画を考えるのは公式と同じ 論理的思考で"公式"に当てはめる

以後、ダイハツ「WAKE兄弟」、KIRIN 午後の紅茶「あいたいって、あたためたいだ。」などの仕事を手掛けてきた山本氏。コピーライターとして仕事を続ける中で、論理的思考のメリットはどう生きているのだろうか。

「広告の仕事において、アイデアをロジカルに発想していく良さは、論理的にそのクリエーティブに至った根拠を提示できること。クライアントに通りやすく競合にも勝ちやすくなるというメリットがあります。また、論理的なのでクライアントの目的やビジネスに貢献しやすく、そのため広告企画も長続きします」 …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

アイデアに行き詰まったときは自分をいろいろな状況に置いてみよう(この記事です)
求めるのは私たちが気付いていない視点 企業が抱える課題に対する解決策を
憧れを憧れのままで終わらせない 力試しの機会になった「宣伝会議賞」
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(6)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(5)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(4)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(3)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(2)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(1)
第57回「宣伝会議賞」中高生部門、作品募集中!
応募締切は11月6日 第57回「宣伝会議賞」募集概要
通過率1%の一次審査通過作品数をチームで競う! 大学生チーム対抗企画のご案内
「中高生部門」、今年も開催します!キャッチフレーズを考えてみませんか?
総勢119名による審査 第57回「宣伝会議賞」審査員紹介
コピーを考えることで養われる、相手の気持ちを考えるスキル(最終審査員・安路篤氏)
宣伝会議賞は「若い世代が生み出す新たな発見も楽しみ」 白石聖さんインタビュー
秋山具義さん×谷山雅計さん 宣伝会議賞で言葉を考える楽しさを知ってもらいたい
応募者は、どんな人たち?性別、職業、年齢、地域別応募割合を紹介
会社の仲間と共に課題に取り組む 切磋琢磨の末、勝ち取ったグランプリ
第57回「宣伝会議賞」作品募集開始!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する