広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

会社の仲間と共に課題に取り組む 切磋琢磨の末、勝ち取ったグランプリ

谷尾裕一郎さん(第56回「宣伝会議賞」グランプリ)

若手コピーライターの登竜門とも評される「宣伝会議賞」。最高賞であるグランプリを受賞すると、仕事の環境は変わるのでしょうか。第56回「宣伝会議賞」でグランプリを受賞した谷尾裕一郎さんに、受賞から半年が経過した現在の率直な思いを聞きました。

──「宣伝会議賞」に応募したきっかけとは?

会社全体でクリエイティブ力向上を目指そうという取り組みの一環で「宣伝会議賞」に挑戦してみようという流れがあり、2017年から参加をしました。2017年(第55回)は12本しか応募せず、一次審査も通過しなかったのですが、会社の後輩が協賛企業賞を受賞して。悔しくて翌年は423本の作品を応募しました。それでも、一次通過したのはたったの3本だけでした。

──グランプリを受賞した感想は?

ファイナリストに残ったと連絡を受けた際にも「最高でもシルバーが獲れたらラッキー」と思っていました。贈賞式でシルバーの受賞者が発表されたとき自分の名前が呼ばれず、完全に受賞は逃したと思っていたので、本当に驚きました …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

通過率1%の一次審査通過作品数をチームで競う! 大学生チーム対抗企画のご案内
「中高生部門」、今年も開催します!キャッチフレーズを考えてみませんか?
総勢119名による審査 第57回「宣伝会議賞」審査員紹介
コピーを考えることで養われる、相手の気持ちを考えるスキル(最終審査員・安路篤氏)
宣伝会議賞は「若い世代が生み出す新たな発見も楽しみ」 白石聖さんインタビュー
秋山具義さん×谷山雅計さん 宣伝会議賞で言葉を考える楽しさを知ってもらいたい
応募者は、どんな人たち?性別、職業、年齢、地域別応募割合を紹介
会社の仲間と共に課題に取り組む 切磋琢磨の末、勝ち取ったグランプリ(この記事です)
第57回「宣伝会議賞」作品募集開始!
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【9】ー中高生部門 審査講評
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【8】─ 一次審査講評(3)
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【7】─ 一次審査講評(2)
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【6】─ 一次審査講評(1)
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【5】─最終審査員から審査講評
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【3】ーファイナリスト
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【4】─最終審査会、パーティー
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【2】─各賞、受賞者発表!
第56回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【1】─グランプリ作品発表

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する