広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

「BtoB企業におけるコーポレートブランディング」の成功事例

業界の枠を超えて認知や信頼の獲得につながった、BtoB企業のコーポレートブランディングの秀逸事例を望月氏と武政氏が解説します。

    case 01 オムロン
    卓球ロボット「フォルフェウス」


    我々にはヘルスケアでおなじみのオムロンさんですが、収益の半分近くは制御機器や電子部品といったBtoB企業です。2013年に登場した卓球ロボット「フォルフェウス」はオムロンさんのコア技術や「人と機械の融和」というビジョンを、体感を通した展示として強烈に来場者に印象付けています。展示会とSNSやWebの連携も素晴らしく、インフルエンサーまで巻き込むというコミュニケーションの設計が秀逸だと思います。(デンソー 武政 智之氏)

    case 02 富士通 オウンドメディア
    「FUJITSU JOURNAL」


    我々世代には「タッチおじさん」やFMVでおなじみの富士通さんですが、詳しい事業内容はあまり知らないのではないでしょうか。幅広く、最先端のITサービス業界を手掛けていらっしゃる同社だからこそ、FUJITSU JOURNALというコンテンツマーケティングを通じて、技術自体の説明と技術でどんな社会を描いていくかをわかりやすく伝えています …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する