広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

成長可能性を秘めるミャンマー市場 デジタルや広告で成功を図る企業たち

よしもとクリエイティブ・エージェンシー 志村一隆

ジャパン ミャンマー プエドに出演する「ミャンマー住みます芸人」たち。

ミャンマーで日本紹介イベントが開催 日本人や日本企業の進出が進む

ミャンマーの旧首都ヤンゴンで、日本文化や産業を紹介するイベント「ジャパン ミャンマー プエド」が、2月4日に開催された。「プエド」とは、ミャンマー語でお祭りの意味だ。

ミャンマーでは数年前から、メーカーの工場進出や、現地通信キャリアへの出資などが行われ、2018年には日本と現地テレビ局と合弁のテレビ局が設立されている。そのテレビ局では、日本を紹介する「Happy Japan」という番組を制作、放送していて、日本人で吉本興業所属のミャンマー住みます芸人5名が出演している。ほかにも、日本語学校からインターナショナルスクールまでを経営する人がいるなど、ミャンマーにはすでに日本人が多く進出している。

しかし、外務省に届け出ているミャンマーの在留邦人は2,600人。ロシアなどと同じレベルであるが、隣国タイに7万人以上の日本人がいることを考えるとまだまだ少ないのが現状だ。

日本のデジタルビジネス 広告会社がミャンマーに参入

そのような中、ヤンゴンで面白い日本企業と出合った。ミャンマーのレストラン紹介アプリ「yathar」を開発・運営するWorld Street Myanmar Yathar社である …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

成長可能性を秘めるミャンマー市場 デジタルや広告で成功を図る企業たち(この記事です)
スポーツイベントとSDGs イベントは新しい社会の価値を示すことができるのか
「RFID」で進む店舗運営の革新 購買時点クリエイティブに『一発必殺力』が求められる
通行者を立ち止まらせた、占いボード 「自分ごと化」を仕掛ける工夫
新聞社が始めたオンデマンド調査報道 読者に寄り添い、隠れた問題を発見
2019年度テレビ・ラジオ営業収入見通し発表 ラテとも3年連続減を予測
新聞各社が「終活」事業に活路 読者層と世代が合致し「終活相談窓口」を目指す
「視聴者投票権」という新たなビジネスモデル 韓国のTV番組『PRODUCE 101』
PayPay「100億円」キャンペーン キャッシュレス時代のプロモーションの課題とは?
「2025年国際博覧会」55年ぶりに大阪での万博開催が決定に
1月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト
大正製薬や西川産業の中づり広告 割り箸や羽毛布団のデザインで話題に
民放連 国民投票運動CMの基本姿勢を公表 2018-2025年度ラテ営収中期見通しも発表に
移動手段の「所有」から「シェア」へ 「MaaS」は社会をどう変えていくのか
「台中フローラ世界博覧会」が開幕 従来の花博とは異なる参加体験型に
「印刷白書2018」が発刊 印刷業界では得意先への直取引が進む兆し

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する