広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

「印刷白書2018」が発刊 印刷業界では得意先への直取引が進む兆し

統合プロモーション戦略センター 主宰 坂井田稲之

進む広告会社離れ 印刷業界と販促業務の今

日本印刷技術協会から「印刷白書2018」が発刊された。印刷業界は、プロモーション界のメイン・プレイヤーである。印刷業界との関わりは、狭義では商業印刷(販促関係の印刷物)だが、商品開発領域では包装印刷(パッケージング業務)が重要な役割を担っている。

同白書から印刷業界の製品別生産金額を見ると、「商業印刷」と「包装印刷」の合算生産金額は2兆1,698億円で、構成比は57.5%にも達している。

ちなみに、電通調べによる日本の広告費(2017年)における「プロモーション・メディア費」は2兆875億円である。両者の数字は、それぞれ意味合いが異なり、本来、比較すべきではない。だが、印刷業界のプロモーション業務への関わりがどれほど絶大かを知る手掛かりになる。

特に近年は、プロモーション界における印刷業界の働きは重要度を増している。裏返せば、印刷業界にとっても、プロモーション業務は、最大の売上構成を誇る屋台骨になっているのだ。

その背景には、印刷需要の大きな変動がある。2004年開始の「印刷統計」に基づく同白書の分析によれば、当該13年間で大きく減少しているのは出版印刷(30.0%→17.4%)と証券印刷(2.0%→1.5%)。他方で包装印刷は13.0%→19.7%と大きくシェアを伸ばし、商業印刷は、2004年31.8%の構成比が2017年には37.8%と拡大している …

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

移動手段の「所有」から「シェア」へ 「MaaS」は社会をどう変えていくのか
「台中フローラ世界博覧会」が開幕 従来の花博とは異なる参加体験型に
「印刷白書2018」が発刊 印刷業界では得意先への直取引が進む兆し(この記事です)
アイロボット「ルンバ」がカスタマーレビューを活用したOOH広告を展開
NHKネット同時配信に向け受信料値下げ 放送法改正へと進むのか
新聞社が学生にNIE指導法の授業を実施 企業向けにはデジタル技術セミナーを開催
11月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(2)
11月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト (1)
5Gネットワークの拡大と展開 NTTグループが中期経営戦略を発表
日本を元気にするスポーツイベント ラグビーワールドカップが全国12都市で開催
日本プロモーショナル・マーケティング協会展 第48回のアワード入賞作品が発表に
生活者の金曜日のインサイトを捉えた花王「バブ」のOOHメディア展開
企業向けの講座を開催 新聞社のノウハウを生かした新たな取り組み
4K/8K放送がBSと110度CSで12月1日から開始
「POPクリエイティブ・アワード」子ども向け自転車のPOPに経産大臣賞 他
第61回「日本雑誌広告賞」経産大臣賞にバレンシアガジャパン他

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する