広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

2018 FIFAワールドカップの盛り上げに一役 高まるOOH広告の可能性

テレビ、インターネットに次いでOOHがメディア別広告費3位に

電通が発表している2017年の日本の広告費のメディア別内訳では、OOH広告は交通広告2002億円と屋外広告3208億円に分けて出しているが、両方を足すと5210億円になり新聞広告の5147億円を上回っている。おそらく過去に超えたことは無く、歴史的変動である。

つまり、テレビ、インターネットに次いで3番目にOOHメディアに広告費が投下されたということだ。4マス+インターネットで論じられがちな中で相対的に存在感が増したと言えるだろう。2018 FIFAワールドカップ ロシア大会で決勝トーナメントに進出した日本チームも世界の中で存在感を示したが、期間中OOHでユニークな関連広告が実施された。

AI搭載ロボット「AIカビラくん」 駅のイベントにも登場!

フジテレビジョンはFIFAワールドカップの日本対ポーランド戦など8試合を生中継するという広告を6月11日からOOHメディアで行った。東京メトロ新宿駅には、中継MCのジョン・カビラさんが語りかける大型ポスターを掲出(写真1)。驚くことに、13日からその場所に「AIカビラくん」という音声合成技術と人工知能を搭載した、カビラさんの声で会話が出来るロボットが登場したのである。

(写真1)フジテレビ中継MCのジョン・カビラさんが語りかける大型ポスター。

会場では、子どもが楽しそうに話かける場面も目撃され注目を集めた(写真2)。試しにポーランド戦の結果予想を聞いてみると、「私の予想では、勝利するのは日本です。(中略)本田選手が1得点、宇佐美選手が1得点 …

あと52%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

ADKがクリエイティブブティック設立 若手6名が参画 他
ADC賞2018、グランプリが決定 会員賞は「新しい地図」が受賞 他
東南アジア発の動画配信サービスが伸長 5Gを活用したリニア配信が次のトレンドか
イベント産業全体を俯瞰する 『平成29年国内イベント消費規模推計』が発表に
アクティベーション・プランニング電通賞 大分県別府市が受賞
2018 FIFAワールドカップの盛り上げに一役 高まるOOH広告の可能性(この記事です)
スポーツを通じた新聞社の地域貢献が地元住民とのつながりを深める
総務省、NHK 同時配信を条件付き容認 受信料の見直しなど求められる
国内唯一の地位を築く「日本プロモーショナル・マーケティング学会」
JACEイベントアワード最優秀賞が決定 革新化するイベント産業
「広告電通賞」最高賞 NTTドコモに決定他、6月のニュース
福岡広告協会賞が決定他、6月の広告界ニュース
中国の動画アプリが世界を席巻 アジアの動画配信市場
「デジタルサイネージアワード2018」 グランプリは「YOYOGI CANDLE 2020」に決定
新聞と教育に連携の動き 生徒の「主体的・対話的で深い学び」に貢献する
規制改革推進会議が第3次答申を提出 放送基盤強化に提言
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(2)
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(1)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する