広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

総務省、NHK 同時配信を条件付き容認 受信料の見直しなど求められる

NHKの常時同時配信容認に伴い諸条件が提示される

NHKのテレビ番組の常時同時配信をめぐり総務省検討会は7月13日、条件付きで容認する内容の報告書案をまとめた。NHKが求める2019年度からの開始に向けては、放送法改正など法整備が必要になるが、ガバナンス改革や受信料体系の見直しなど、報告書で示された条件クリアが前提となる。

総務省の「放送を巡る諸課題に関する検討会」(座長=多賀谷一照・千葉大名誉教授)がまとめた第2次取りまとめ案では、「NHKが放送の補完として、インターネットを最大限活用し、常時同時配信を実施することについては、国民・視聴者の理解が得られることを前提に、一定の合理性、妥当性がある」との内容が示され、承認された。

ただし、NHKは受信料により放送を実施する目的で運営されていることから、常時同時配信を含むインターネット活用業務が「NHKの目的や受信料制度の趣旨に沿って適切に実施されることが必要不可欠」と指摘。前提として「国民・視聴者の信頼が確保されることが必要」とした。

そのうえで、常時配信を認めるにあたって、「インターネット活用業務のあり方の見直し」、「ガバナンス改革」、「受信料体系・水準の見直し」、と条件を提示した。

具体的には、インターネット活用業務の見直しでは、現在NHKが自主的に策定・公表しているインターネット実施計画や実施基準について、事後チェックの仕組みの導入や、会計上の透明性確保について見直すことを求めた。

また、受信料による潤沢な資金の元でNHKが常時配信を進めることに対し「民業圧迫」との批判の声が大きいことから、「他事業者との連携・協力の確保」を条件として挙げた …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

ADKがクリエイティブブティック設立 若手6名が参画 他
ADC賞2018、グランプリが決定 会員賞は「新しい地図」が受賞 他
東南アジア発の動画配信サービスが伸長 5Gを活用したリニア配信が次のトレンドか
イベント産業全体を俯瞰する 『平成29年国内イベント消費規模推計』が発表に
アクティベーション・プランニング電通賞 大分県別府市が受賞
2018 FIFAワールドカップの盛り上げに一役 高まるOOH広告の可能性
スポーツを通じた新聞社の地域貢献が地元住民とのつながりを深める
総務省、NHK 同時配信を条件付き容認 受信料の見直しなど求められる(この記事です)
国内唯一の地位を築く「日本プロモーショナル・マーケティング学会」
JACEイベントアワード最優秀賞が決定 革新化するイベント産業
「広告電通賞」最高賞 NTTドコモに決定他、6月のニュース
福岡広告協会賞が決定他、6月の広告界ニュース
中国の動画アプリが世界を席巻 アジアの動画配信市場
「デジタルサイネージアワード2018」 グランプリは「YOYOGI CANDLE 2020」に決定
新聞と教育に連携の動き 生徒の「主体的・対話的で深い学び」に貢献する
規制改革推進会議が第3次答申を提出 放送基盤強化に提言
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(2)
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(1)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する