広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

専門家が選ぶ、デジタル広告のクリエイティブ成功事例

メディア特性を理解したデジタル広告や、生活者の心に響くクリエイティブなど、優れたデジタル広告のクリエイティブの事例を紹介します。

    case 01 江崎グリコ
    「Family Reminder」

    Googleの広告配信技術を用いて、働くお父さんに向けて、バナー越しに子供からのお疲れさまのメッセージを送る、というプロモーション企画。本企画では、バナーのターゲティング配信を極め、1to1のコミュニケーション、究極の「自分ゴト」である家族からのメッセージを発信します。家族の繋がりの再認識、その架け橋をジャイアントコーンがつくるというブランディングを狙ったものですが、デジタルマーケティング手法を極限まで使って人の心を動かす、という斬新な発想の企画です。(サイバー・コミュニケーションズ 鐘ヶ江徹氏)

    case 02 講談社
    「すべてがFになる」「犀川創平AI」

    小説内で発言した言葉をAIに学習させ、Twitter上のユーザーと対話させることで、仮想現実的な物語の世界へと引き込ませる。ユーザーに自然にプロモーションに参加させ、世界観を感じさせると同時に、拡散も狙った企画です。

    ディスプレイのタッチ操作に変わる次世代のユーザーインターフェースとして、チャットボットや音声アシスタントなどが期待されますが、本事例はトレンドの技術ありきにならない企画力の高さと、ユーザーに自然とプロモーションに参加させ拡散につなげる設計が面白いと感じました。(サイバー・コミュニケーションズ 鐘ヶ江徹氏) ...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する