広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

「コピーライティング」の成功事例

時代や消費者の心をとらえたコピーは、人びとの記憶に残り、企業や商品のブランドの向上に役立ちます。優れたコピーライティングの事例をご紹介します。

case 01 パルコ

古いですが、1975年パルコのコピーです。「裸になるのは恥ずかしい。批評するだけの傍観者でいうほうが楽だ」を「批判を恐れず自分をさらけだそう」へ。自己表現をあきらめて評論するだけの傍観者より、批判されても表現者であれ。一行で、ネガからポジへのストーリーの変換が見事になされています。私がコピーライターを目指すきっかけになったコピーです。(電通 山田尚武氏) ...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する