広告マーケティングの専門メディア

つながりを深める「個客」マーケティング

Yahoo! Japan「課題×検索」が提示する未来

Yahoo! Japan

Yahoo! JAPANには、日々の検索される言葉が膨大な量の「検索データ」として蓄積されている。そのデータはこれまで、広告のターゲティングなど、機能的な用途で利活用されてきた。しかし、まったく異なる手法で使うことで新しい動画が生まれた。

Search for 3.11「ビッグデータ篇」
震災関連の検索結果のビッグデータを、時系列で可視化したスペシャルムービー。検索ワードの数を文字の大きさに換算して表し、時系列にまとめた。

切り口を与えればデータは表情を持って語り出す

地震、伝言板、ガソリン、計画停電、義援金─ひときわ大きく映し出されるこれらの言葉たち。しかし、時間の経過とともに、だんだんと言葉は小さく、そして少なくなっていく。

これは東日本大震災から丸3年が経過した今年3月11日に、Yahoo! JAPANが実施した復興支援企画「Search for 3.11」プロジェクトにおいて公開されたスペシャルムービーの内容である。写真は一切使われておらず、あえて文字だけの構成にこだわってつくられている。

動画に出てくるこれらの言葉は、震災のあった2011年3月11日以降にYahoo!検索で実際に検索された言葉だ。1時間ごとに、その言葉が検索された回数を文字の大小に比例させ可視化している。このムービーを見ると、震災発生時刻の15時頃を境に、震災・東北関連の検索が爆発的に増えたということが、ビジュアルで直感的に理解できる。

「Search for 3.11」のプロジェクトリーダーである ...

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

つながりを深める「個客」マーケティング の記事一覧

米国の最先端マーケティングに見る ネット時代の消費者心理
「データエクスチェンジ・コンソーシアム」設立の狙いとは?
「集める」データと「集まる」データの融合によって生まれる価値
激変する消費者行動に企業はどう対応するべきか
自分自身の情報を「見る」JINSの最先端アイウエア
カスタマージャーニーから「Why?」を追及 ライオンの「個客」マーケティング
「データ×アイデア」で変わる発想の未来
顧客満足度7年トップのソニー銀行が取り組む「個客」マーケティングとは?
Yahoo! Japan「課題×検索」が提示する未来(この記事です)
ソリューションは「広告」から「ブランド体験」へ
サッポロビールのSNS戦略「投稿はすべて内製」
データで拓くクリエイティブの新境地

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する