広告マーケティングの専門メディア

つながりを深める「個客」マーケティング

米国の最先端マーケティングに見る ネット時代の消費者心理

平久保仲人(ニューヨーク市立大学)

インターネットテクノロジーの進化により、生活者の意識や価値観が変わりつつある。そうした中、あらゆるチャネルがシームレス化するオムニチャネル時代において、リアル店舗とネットはどう共存していくべきか。米国を通じ、生活者の変化を探る。

ネットが変えるメディア環境

日本では移動中スマホを眺める人の姿は見慣れた光景になった。アメリカでも通勤電車やバスで新聞を広げる乗客を見つけるのはかなり難しい。大手新聞社の倒産や身売りが相次いだり、老舗雑誌がネット配信のみになったりと紙媒体は衰退の一途をたどっているのは当然の結果なのだ。

広告予算にもその影響は如実に表れている。2014年にネット広告は18%の伸びを見せ、総額$430億とテレビの$670億に猛追している。テレビも4%増えて主要メディアの4割を占めている。今でも効率よく大衆にリーチするのにテレビに勝る媒体はないのだ。アウトドア、ラジオもそれぞれ5%、2%増やしており、新聞(-8%)、雑誌(-3%)が負け続けている状況だ。

知的コンテンツにおいても、音楽と書籍のネット配信は定着した感があるが、映画やビデオも急速にオンライン化している。ブロックバスターの店舗は全て閉店となり、郵送DVDレンタルのネットフリックスもレンタルの売上は14%下落した。しかし、同社はネット配信に軸足を移し、総売上は32%増やしている。

苦戦するリアル店舗と好調を維持するネット販売

インターネットは物販にも多大な影響を ...

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

つながりを深める「個客」マーケティング の記事一覧

米国の最先端マーケティングに見る ネット時代の消費者心理(この記事です)
「データエクスチェンジ・コンソーシアム」設立の狙いとは?
「集める」データと「集まる」データの融合によって生まれる価値
激変する消費者行動に企業はどう対応するべきか
自分自身の情報を「見る」JINSの最先端アイウエア
カスタマージャーニーから「Why?」を追及 ライオンの「個客」マーケティング
「データ×アイデア」で変わる発想の未来
顧客満足度7年トップのソニー銀行が取り組む「個客」マーケティングとは?
Yahoo! Japan「課題×検索」が提示する未来
ソリューションは「広告」から「ブランド体験」へ
サッポロビールのSNS戦略「投稿はすべて内製」
データで拓くクリエイティブの新境地

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する