広告マーケティングの専門メディア

つながりを深める「個客」マーケティング

「データ×アイデア」で変わる発想の未来

多賀谷昌徳×東畑幸多×福田憲一

ビッグデータの時代、クリエイターはいかにこうしたデータと関わり、よりよいクリエイティブにつなげていくべきか?データは、広告表現に限らないどんなクリエイティブを可能にするのか?3名のクリエイターによって様々な試みやアイデアが語られた。

クリエイターが考えるデータとの付き合い方

多賀谷 実は、僕は広告を作る上であまり消費者テストのデータを信用していません。データというのは過去すでに「掘り終った場所」ですから、これから作るものにそのまま反映しても意味がない。僕たちがやらなくてはいけないのは、すでにやったことではなく、今までにないやり方を提案することです。データの分析に時間をかけるのではなく、新たな仮説を立て、それを検証するために使うことが多いです。

東畑 ビジョンはデータから作れるか?という話ですよね。例えば、宮本武蔵は「俺は日本一の剣豪になる」とビジョンを掲げましたが、これはデータから導くものではありません。その後、宮本武蔵は、勝つために決闘会場を徹底的に調べて戦略を練りました。遅刻してきて西日を背にしたら相手が見づらくなるとか、相手が踏み出すところへ何かを置いておくとか。広告も同じだと思います。ヒットさせたい商品について絶対に勝ちに行くという戦略を練る際は、勝つために徹底的に調査データを使うというのが、これまでのデータとの付き合い方でした。

福田 前職からかれこれ10年ほどビックデータの解析などを行っていて、僕自身はデータとの付き合いは長いです。前職ではダイレクトマーケティングの分野に携わっており、ずっとクリエイティブの持つ力を数字で解き明かすことが問われてきました。その中で感じたのは、クリエイティブ以外は、割と予測が可能なものの、クリエイティブがうまくはまって結果が跳ね上がる現象は予測が難しいということです。そこでクリエイティブについてもっと深く知りたい、という気持ちが強くなり、AKQA入社に至りました。

    多賀谷昌徳氏の仕事

    img01

    P&G ファブリーズ「17才のファブリーズ」篇 テレビCM

データからクリエイティブジャンプは生まれるか

東畑 データへの意識が変わったのは、ホンダの「Sound of Honda ‒ Ayrton Senna 1989」など ...

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

つながりを深める「個客」マーケティング の記事一覧

米国の最先端マーケティングに見る ネット時代の消費者心理
「データエクスチェンジ・コンソーシアム」設立の狙いとは?
「集める」データと「集まる」データの融合によって生まれる価値
激変する消費者行動に企業はどう対応するべきか
自分自身の情報を「見る」JINSの最先端アイウエア
カスタマージャーニーから「Why?」を追及 ライオンの「個客」マーケティング
「データ×アイデア」で変わる発想の未来(この記事です)
顧客満足度7年トップのソニー銀行が取り組む「個客」マーケティングとは?
Yahoo! Japan「課題×検索」が提示する未来
ソリューションは「広告」から「ブランド体験」へ
サッポロビールのSNS戦略「投稿はすべて内製」
データで拓くクリエイティブの新境地

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する