広告マーケティングの専門メディア

つながりを深める「個客」マーケティング

「集める」データと「集まる」データの融合によって生まれる価値

ビデオリサーチ

ビッグデータという言葉が普及する中、今や情報は「集める」から「集まる」時代となり、いかにデータを価値あるものにするかという議論が盛んに行われている。「個客」に対応するマーケティング戦略として、効果的なデータの活用が求められている。

「顧客」から「個客」で捉える時代へ

昨今の広告・コミュニケーションの課題として、多チャンネル化やマルチスクリーンといったメディア・デバイスの多様化、セルフ店舗や量販店の増加・Eコマースの発展といったブランドとの接点の多様化、そして少子高齢化や未婚・晩婚化、非正規雇用の拡大といったライフコースの多様化が進むことにより、「生活者(ターゲット)を捉えにくくなっていること」が挙げられます。

生活者を捉えにくくなっている今、何をすべきかと言えば、一つは昔も今も変わることなく、「STP(Segmentation:市場、生活者を知る/ Targeting:自社を知り、競合を知り、狙いを定める/ Positioning:戦略を定め、実行する)」だと言えます。メディアの多様化や生活者の多様化が進むことにより、知らなければいけない情報が増加しましたが、だからこそ川上の生活者、生活者全体、市場全体を知る必要があると考えます。

加えて、現在顧客、また見込み顧客に対して「個」のレベルで対応する必要性も出てきた時代と言えます。後者の対策として「集まるデータ」、いわゆる「ビッグデータ」の利活用が期待されており、様々なテクノロジーが開発されています。

「情報を集める時代から、情報が集まる時代へ」という ...

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

つながりを深める「個客」マーケティング の記事一覧

米国の最先端マーケティングに見る ネット時代の消費者心理
「データエクスチェンジ・コンソーシアム」設立の狙いとは?
「集める」データと「集まる」データの融合によって生まれる価値(この記事です)
激変する消費者行動に企業はどう対応するべきか
自分自身の情報を「見る」JINSの最先端アイウエア
カスタマージャーニーから「Why?」を追及 ライオンの「個客」マーケティング
「データ×アイデア」で変わる発想の未来
顧客満足度7年トップのソニー銀行が取り組む「個客」マーケティングとは?
Yahoo! Japan「課題×検索」が提示する未来
ソリューションは「広告」から「ブランド体験」へ
サッポロビールのSNS戦略「投稿はすべて内製」
データで拓くクリエイティブの新境地

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する