日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

メディアの現場から

コロナ禍での識者の見解を連載、化学工業関連の専門紙

『化学工業日報』

報道対応を担当するPRパーソンにとって、気になるのがメディアの裏側。企業取材のスタンスや、プロデューサーや編集長の考えに迫ります。

『化学工業日報』編集部DATA
  • 部数:非公開
  • 発行:日刊(土・日・祝日休刊)
  • 購読料:1カ月1万952円(税別、国内)
  • 創刊:1937年、前身の「東京薬品日報」を発刊、1947年「化学工業日報」へ改題。
  • 形態:ブランケット判
  • 業種別読者構成比:

化学工業およびその関連産業情報を80年以上報道する『化学工業日報』。本年3月、新型コロナウイルスの影響で各企業がテレワークを迫られた状況を考慮し、HP上で全紙面無償PDF公開に踏み切った。同紙取締役編集局長の佐藤豊氏は、「BtoBの専門紙なので、普段会社で購読していた読者の多くが自宅勤務になり、弊紙を読みにくい状況になりました。その打開策として生まれた企画です」と明かす。当初3月一杯の限定公開を予定したが、HPへのアクセスが今までの10倍近くに増え、緊急事態宣言解除後も延長し7月17日まで無償公開を続けている。

連載企画「感染症クライシス 識者はどう見る」では、ファイザー日本法人の社長が「一日でも早くワクチンと治療手段を確立すべく、社内でパンデミック対応専門家チームを結成した」(4月30日付)と語る。東レ経営研究所のチーフエコノミストは「人の移動をベースにしたグローバリズムは弱まり、リージョナリズムや自国第一主義が台頭する」(5月13日付)と予測する。

紙面ではコロナ禍に対応し、各社の治療薬開発のニュースのみならず、加熱による形状調整自在の樹脂マスクや、調味料入れを容器に用いた携帯除菌液などの報も載る。また、モバイル機器や医療現場のタッチパネル機器に抗菌・抗ウイルスフィルムの引き合いが強まり、手すりなどに使う接触感染対策シートも増産体制になったと伝える。

5月13日付では...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

メディアの現場から の記事一覧

コロナ禍での識者の見解を連載、化学工業関連の専門紙(この記事です)
300社以上の企業情報掲載 イノベーションの潮流を捉える
ナンバー1ヒーローに迫る、1000号を迎えた総合スポーツ誌
日本初60代のファッション誌 雑誌を売ることで市場を広げる
「日常生活の中の経済」に注目 ニッチな企業や繁盛店を発掘
「予定調和にならない」議論を ABEMA開局時から続く夜のニュース番組
持続可能性など社会の潮流にも注目 ワインの専門誌の裏側
日曜の黄昏時にリスナー魅了 ラジオドラマの新たな可能性
株式投資やふるさと納税を始めたい人向け『ダイヤモンドZAi』の編集方針
元記者らが法律視点で取材 読者ヒアリングにLINE活用も
別所哲也が都市生活者にイノベーティブな情報を届ける 人気ラジオ番組の舞台裏
中堅中小企業の読者を中心に 産業界のニュースを伝える日刊工業新聞

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する