日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

メディアの現場から

「日常生活の中の経済」に注目 ニッチな企業や繁盛店を発掘

テレビ東京『たけしのニッポンのミカタ!』

報道対応を担当するPRパーソンにとって、気になるのがメディアの裏側。企業取材のスタンスや、プロデューサーや編集長の考えに迫ります。

テレビ東京『たけしのニッポンのミカタ!』番組DATA
  • 放送時間:毎週金曜 22時~22時54分
  • 放送開始:2009年4月
  • 放送エリア:関東エリア、テレビ東京系列の一部地域
  • 出演者:ビートたけし、国分太一など
  • スタッフ数:約40人

身近な社会現象を取り上げる、知的エンターテインメント番組『たけしのニッポンのミカタ!』(テレビ東京)。毎週金曜22時からの放送で、特に40歳以上の世代からの支持が厚い番組だ。

40人の全体会議で疑問を集約

番組のコンセプトは「日本全国にある知られざる秘密を紹介」。放送回ごとにテーマが設定され、VTRとスタジオトークが混じる形で進行する。司会を務めているビートたけし、国分太一の2人とゲストが繰り広げるトークも魅力だ。

プロデューサーの矢部宏光氏によると、テーマを考える際には“日常生活の中にある経済”を意識している。例えば「ブームのウラ側に密着!鍋大好きニッポン人」(2020年2月21日放送)や「ガラクタで賢く小遣い稼ぎ!ミカタ流不要品売却術」(2020年2月7日)など。「そういえば、よく知らないかも」といった素朴な疑問から始まる企画が多い。

各回のテーマについては、制作スタッフ計約40人で行われる全体会議に加え、10人前後の班で集まる分会でも議論する。スタッフが最近街中で見かけるものや、日常生活で感じた疑問を会議の場で持ち寄り、話し合っていくうちにテーマに選ばれることも多いという。

その一例が久世福商店。会議で「最近、ショッピングセンターで“久世福商店”をよく見かけるけど、何のお店なんだろう?」という話題があがり、共感する人が多かったため調査した。すると、長野県を本社とするサンクゼールという会社が運営しており、ユニークな視点で大ヒット商品を続々生み出していることが分かり取材をすることが決まった。実際に、2020年3月13日放送の「目の付け所で勝負!『○○だけの店』増殖中!」で、久世福商店をはじめとするニッチな繁盛店を取り上げた。

ニッチさを追求した切り口

時勢や季節に合った話題も、テーマ設定の大きな軸のひとつだ。延期が決定した東京オリンピック・パラリンピックに関しては...

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

メディアの現場から の記事一覧

「日常生活の中の経済」に注目 ニッチな企業や繁盛店を発掘(この記事です)
「予定調和にならない」議論を ABEMA開局時から続く夜のニュース番組
持続可能性など社会の潮流にも注目 ワインの専門誌の裏側
日曜の黄昏時にリスナー魅了 ラジオドラマの新たな可能性
株式投資やふるさと納税を始めたい人向け『ダイヤモンドZAi』の編集方針
元記者らが法律視点で取材 読者ヒアリングにLINE活用も
別所哲也が都市生活者にイノベーティブな情報を届ける 人気ラジオ番組の舞台裏
中堅中小企業の読者を中心に 産業界のニュースを伝える日刊工業新聞
ひよこクラブ「赤ちゃんグッズ大賞」は10年目 環境変化で商品も多様化
『美的』10年以上実売1位の理由
ミレニアル世代に支持される 経済とテクノロジーのメディア
緊急時広報や内部通報制度を解説 企業ガバナンスを論じる専門誌

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する