日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

メディアの現場から

ナンバー1ヒーローに迫る、1000号を迎えた総合スポーツ誌

文藝春秋『Sports Graphic Number』

報道対応を担当するPRパーソンにとって、気になるのがメディアの裏側。企業取材のスタンスや、プロデューサーや編集長の考えに迫ります。

『Sports Graphic Number』編集部DATA
  • 部数:12万1083部(2019年1月~3月:日本雑誌協会印刷部数公表データ)
  • 発行:隔週木曜
  • 定価:640円(税込)
  • 創刊:1980年4月
  • 形態:A4変型判
  • 読者構成比:

総合スポーツ誌『Sports Graphic Number』は2020年4月16日号で創刊1000号を迎えた。1000号記念号特集は「ナンバー1の条件。」と題し、トップはイチローのスペシャルインタビュー。プロ28年で4367本のヒットを重ねた彼は「生まれ変わったら20歳からメジャーに挑戦して5000本を目指す」と語る。また、「僕よりもヒットをより多く打てると思った選手は一人もいませんでした」と明かした。

彼は表紙登場だけでも32回。数限りなく取材を重ねてきたヒーローに改めて話を聞く際の心掛けを、同誌編集長の宇賀康之氏は「今までの号と切り口を変え、聞きたいテーマを極力明確にします。それに沿ってライターと共に質問項目を用意します」と話す。

同年2月13日号特集は「ラグビー再入門。」冒頭では「リーチマイケルのリーダーシップを見よ。」と題して日本代表をベスト8に導いたキャプテンの姿を、本人ではなく、複数のチームメイトへの周辺取材で浮かび上がらせた。「高校生の頃のマイケルには特にリーダー的な雰囲気は感じませんでした。こんなになるとは全然思わなかった」と当時ライバル校の選手だった三上正貴は話す。

しかし、年月を経て、W杯代表でリーチと共に戦ったピーター・ラブスカフニは「彼は偉大なキャプテンで、先頭に立って模範を見せる」と語る。また、リーチは、釡石鵜住居復興スタジアムでのフィジー戦前夜ミーティングで、同会場が津波で全壊した小中学校跡地に建設されたと紹介した。この場所で試合をする意味をチームメイトに考えさせた結果...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

メディアの現場から の記事一覧

ナンバー1ヒーローに迫る、1000号を迎えた総合スポーツ誌(この記事です)
日本初60代のファッション誌 雑誌を売ることで市場を広げる
「日常生活の中の経済」に注目 ニッチな企業や繁盛店を発掘
「予定調和にならない」議論を ABEMA開局時から続く夜のニュース番組
持続可能性など社会の潮流にも注目 ワインの専門誌の裏側
日曜の黄昏時にリスナー魅了 ラジオドラマの新たな可能性
株式投資やふるさと納税を始めたい人向け『ダイヤモンドZAi』の編集方針
元記者らが法律視点で取材 読者ヒアリングにLINE活用も
別所哲也が都市生活者にイノベーティブな情報を届ける 人気ラジオ番組の舞台裏
中堅中小企業の読者を中心に 産業界のニュースを伝える日刊工業新聞
ひよこクラブ「赤ちゃんグッズ大賞」は10年目 環境変化で商品も多様化
『美的』10年以上実売1位の理由

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する