日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

メディアの現場から

別所哲也が都市生活者にイノベーティブな情報を届ける 人気ラジオ番組の舞台裏

J-WAVE MORNING RADIO

報道対応を担当するPRパーソンにとって、気になるのがメディアの裏側。企業取材のスタンスや、プロデューサーや編集長の考えに迫ります。

『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
  • 放送日:月~木曜 6:00~9:00
  • 放送開始:2009年4月
  • ナビゲーター:別所哲也
  • J-WAVEが月~木曜の朝6時から9時まで、別所哲也によるナビゲートで届ける生情報番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』。彼の「おはようモーニング!」のあいさつでも知られている。

    「リスナーのターゲットを年齢や性別で区切ってはいません。東京に生きる都市生活者のためのイノベーティブな情報をお届けするという点を意識しています」と同番組プロデューサーの小松祐太氏は語る。

    変わりつつある各企業の「働き方」をフィーチャーするコーナーが「THE WORK SHIFT」。毎週月~木曜の4日間にわたり1社を取り上げ、「働き方改革」の行方などを担当者に尋ねる。2019年11月25日の週は、ヒットを生み出し続けるセガトイズの働き方を取り上げた。同社の総務人事課員が、月に1日、平日にどこでも好きな場所に行って何かを体験できる「インプットデー」や「出産祝い金」制度、そしてパパ・ママ社員から生まれるヒットなどについて語った。

    企業の規模に縛りはなく、NPO法人や個人の働き方を取り上げることもある。「組織内部の話題なので、取材の承諾可否を考慮し、かなり前から候補リストを作成し順に依頼をします」と小松氏。

    日々の生活をポジティブにする「健康」と「美」のトピックスを紹介するのが「PLEASURE PICK UP!」。11月27日にはアシックスジャパンが受託して日比谷公園内にオープンしたばかりの「SPORTS STATION Hibiya Park」を取り上げた。ランステーション、ヨガスタジオをメインにカフェも併設した施設内を同店マネージャーが案内した。

    「取り上げる情報はヘルス&ビューティー(月曜)、フード(火曜)、エクササイズ&フィットネス(水曜)、スぺシャルインタビュー(木曜)の区分けです」と小松氏は話す …

    あと60%

    この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

    メディアの現場から の記事一覧

    別所哲也が都市生活者にイノベーティブな情報を届ける 人気ラジオ番組の舞台裏(この記事です)
    中堅中小企業の読者を中心に 産業界のニュースを伝える日刊工業新聞
    ひよこクラブ「赤ちゃんグッズ大賞」は10年目 環境変化で商品も多様化
    『美的』10年以上実売1位の理由
    ミレニアル世代に支持される 経済とテクノロジーのメディア
    緊急時広報や内部通報制度を解説 企業ガバナンスを論じる専門誌
    商品テスト、総選挙企画が話題のラジオ番組『ジェーン・スー 生活は踊る』
    「女性誌疲れ」の読者に寄り添う 『LaLa Begin』好調の理由
    住まいと暮らしの豊かさを追求 創刊68年のハイエンド住宅誌『モダンリビング』
    デジタルと紙の編集部が統合 2軸の情報をバランス良く展開
    ランキングで人気を可視化 エンタメ業界の動向を伝える専門誌
    「港区おじさん」で話題化 なぜ東カレファンが拡大しているのか

    おすすめの連載

    特集・連載一覧をみる
    広報会議Topへ戻る

    無料で読める「本日の記事」を
    メールでお届けします。

    メールマガジンに登録する