日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広報部をつくろう!

変革プロセスを社内外に伝える鉄鋼商社のブランディング

五十鈴グループ

広報部をつくりたい、広報機能を強化したいと思う方、必見!今回は、組織改革とともに社内外広報を充実させてきた鉄鋼商社の五十鈴の取り組みを取材しました。

062_02.jpg

全員経営の方針を体現する社内報プロジェクト
トップダウンで経営方針を伝えるのではなく、現場視点でどのような会社にしたいのかを話し合い、実現するためのプロセスにもなっている社内報。編集会議は毎回白熱する。

ボトムアップの文化を重視

1952年創業の五十鈴は、薄鋼板を仕入れ、切断加工し販売する「コイルセンター」を業態とする鉄鋼商社。創業者のカリスマ的なリーダーシップと高度経済成長の波に乗り急拡大した70~80年代を経て、90年代以降は2代目社長のもと、創業者精神は継承しつつ「人による経営から組織による経営」を目指し、分社化された各拠点で顧客満足を高めるための機能向上や組織改革を図ってきた。近年は生産技術・IT・総務・広報部門を専門別会社化するなどソフト面のサービス強化に取り組んでいる。

五十鈴の広報部門を担うのは、子会社のアイ・コミュニケーションズだ。「組織改革に伴い、"自治"の精神を各拠点や社員に求めてきたこともあり、広報の役割はインナーコミュニケーションが中心でした」と藤掛里花氏は話す。たとえば、季刊で発行する社内報の方針は、全員参加。トップダウンではなく、現場の若手社員が中心となり編集会議を開き、自分たちの視点でどのような会社にしたいのかを話し合い、実現していくためのプロセスの一環として社内報をつくっている。

社内報の編集過程など組織改革に関わる社内外の取り組みは、定期的に更新するウェブマガジンとして自社サイトに全て掲載しており、バックナンバーも含め読むことができる。五十鈴の業態はコイルセンターだが、業界で重視されるQCD(品質・コスト・納期)面だけでなく、サービス体制などソフト面を強化し、「サービスセンター」へと変わろうとしている。「サイトを訪れる取引先の方々にも、事業概要だけではなく、変革する企業姿勢を感じてもらいたい」と考えている。

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報部をつくろう! の記事一覧

変革プロセスを社内外に伝える鉄鋼商社のブランディング(この記事です)
誕生から2年、集客22%増を達成した横浜DeNAベイスターズのプロモーション戦略
「預ける」をポジティブに。寺田倉庫の広報活用術
新オフィスで社内をオープンに。アイスタイルが挑む社内改革
「隠れテーマは広告会社の言いなりにならない」、山梨県のPR戦略
KITTEにアンテナショップ、BtoB企業の広報強化術

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する