日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広報界の才媛

ウェブマーケターからベンチャー広報へ、スターフェスティバルの才媛

石尾怜子(スターフェスティバル マーケティング部 PRチーム マネージャー)

スターフェスティバル マーケティング部 PRチーム マネージャー 石尾怜子氏(いしお・れいこ)
化粧品メーカで約6年間EC、ウェブマーケティングを経験後、2013年3月にスターフェスティバル入社。現在はマーケティング部に所属し、広報のほか、マーケティングPR、販売促進にも携わる。

スターフェスティバルは、有名飲食店や隠れ名店のお弁当やケータリング料理を宅配するサービス「ごちクル」を運営するベンチャー企業。創業5年目にして大型資金調達を実施し、「2013年中に全国へサービスエリアを拡大する」を目標に、スタッフ数も3倍に増えた。1年間で札幌から福岡まで、拠点数は7つに増えた。

それまで、広報専任部署は設けていなかったが、メディア対策も重要になってきたことから、2013年3月に広報を担当するPRチームを新設。前職の化粧品会社でウェブマーケティングを経験してきた石尾怜子さんに広報活動が一任されることとなった。「ウェブマーケティングの経験はあったものの、広報業務については未経験からのスタート。社長や同僚のアドバイスの他、関連勉強会を調べて参加するところから始めました。知り合った他企業の広報担当の皆さんにはいつも助けられています。さまざまな方々と情報交換させていただきながら、日々業務に取り組んでいます」。

この仕事ならではの魅力も強く感じているという。「広報の仕事は、社会に自社サービスがどのように映り、どのような立ち位置にあるのか。それを客観視できる瞬間が多い気がします。幅広い知識を持ったメディアの方々との出会いもまた、いい刺激になっていますね」。

あと48%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報界の才媛 の記事一覧

ウェブマーケターからベンチャー広報へ、スターフェスティバルの才媛(この記事です)
スマホ向けだけで100以上、アメーバ事業を支える女性広報
女性のキレイを育てる仕事に誇り、ワコールの才媛
スタージュエリーの才媛が語る一流の人と手掛ける楽しさ
ナポリタンでブレイク、広報の武器は「情報・スピード・人脈+交渉力」
2014年に25周年。自らの音大ネットワークも活かし「文化施設の敷居を低く」が目標

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する