販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

オリンピック限定パッケージをどう作るか

コカ・コーラ「オリンピック限定デザイン2016」/小川亮(プラグ)


いよいよ東京オリンピックが始まる。ウイルスの心配もあるが、大いに盛り上がり、多くの人の思い出になることを期待したい。いま店頭では、オリンピック限定パッケージが並び、世紀の大イベントの熱気を高めつつある。さて、オリンピックパッケージを商品化するにあたってスポンサー企業はどのようなデザインを作っていくべきだろうか。

大切なのは、商品のブランドメッセージとオリンピックというブランドメッセージが重なる部分を意識してデザインすることだ。自社ブランドが伝えたい世界観とメッセージ、オリンピックというイベントが持つ世界観とメッセージ。この両者を掛け合わせて強い商品を作るのがオリンピックパッケージを成功させる秘訣である …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

知らない人でも楽しめるゲーム実況
オーナーの熱意に「一枚噛む」
世界観に寄り添う自販機プロモーション
オリンピック限定パッケージをどう作るか(この記事です)
現場を大事に「何をしたいのか?」を突き詰める
買い物のスイッチは、親の安心
期待値操作で恋に落ちる消費者心理
空間×五感をフルに生かす
「AIが賢く」ではなく「AIを使って人が賢く」
購買行動にマッチするデジタル施策
デザインで何だって素敵になる
熱狂を生み出すコンセプト
超絶技巧な『アナログ』サイネージ
リサーチャーとして『個客』と向き合う
実演による説得力と美しさ
経験が価値である

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する