販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

現場を大事に「何をしたいのか?」を突き詰める

AI導入のバックステージ(8)/渡辺祐樹(SENSY)

リサーチャー 黒木隆之氏

AI活用の最前線にスポットライトを当てる企画「AI導入のバックステージ」。今回は、当社リサーチャーの黒木隆之にインタビューを行った。(質問者=渡辺)

――自己紹介をお願いします。

黒木隆之氏:リサーチャーの黒木です。

――普段、どのようなプロジェクトに取り組んでいますか?

黒木氏:商品を評価するAI技術を開発しています。主に商品企画の現場で活用されることを目指しています。

――最初から商品を評価する依頼が来たのですか?

黒木氏:とあるメーカーと取り組み始めたころは、「どうすればいいかわからないが、AIを商品企画に生かせないか」というものでした。議論を重ねるうち、同じブランドに複数のデザイナーが存在する中、そのブランドの個性(パーソナリティ)をデザイナーからデザイナーへ継承して行くことに課題があることがわかりました …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

知らない人でも楽しめるゲーム実況
オーナーの熱意に「一枚噛む」
世界観に寄り添う自販機プロモーション
オリンピック限定パッケージをどう作るか
現場を大事に「何をしたいのか?」を突き詰める(この記事です)
買い物のスイッチは、親の安心
期待値操作で恋に落ちる消費者心理
空間×五感をフルに生かす
「AIが賢く」ではなく「AIを使って人が賢く」
購買行動にマッチするデジタル施策
デザインで何だって素敵になる
熱狂を生み出すコンセプト
超絶技巧な『アナログ』サイネージ
リサーチャーとして『個客』と向き合う
実演による説得力と美しさ
経験が価値である

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する