販売促進の専門メディア

2020年以降の実店舗の新常識

ライフスタイルに合わせた新業態でゲオの利用客層を拡大

ゲオスピード

各業界でロッカー受け取りの需要が高まる中、レンタルショップのゲオも新業態としてロッカー型店舗の展開を始めた。その狙いとは。

    課題

    いままでゲオを利用したことがない層の利用を促したい

    解決

    ニーズを満たせていなかった層のニーズに対応したロッカー型店舗

レンタル作品を受け取るロッカー。視認性が高いため、広告としても活用できる。

料金体系も独自に設定 新しい借り方を提案

ゲオは2019年10月24日、新業態として非対面式ロッカー型レンタルショップ「ゲオスピード 仙川店」(東京・調布)をオープンした。24時間営業する。翌11月27日には、2店舗めとなる「ゲオスピード 祖師ヶ谷大蔵店」も開業。実証実験も兼ねて計3店舗を展開する予定だ …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2020年以降の実店舗の新常識の記事一覧

2020年以降の実店舗の新常識の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する