販売促進の専門メディア

2020年以降の実店舗の新常識

研究開発店で得たノウハウ拡大を目指す次世代型の飲食店

GATHERING TABLE PANTRY 二子玉川

2019年12月24日にオープンした「GATHERING TABLE PANTRY 二子玉川」は、「GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町」のノウハウを生かした新店舗。ロイヤルホールディングスの目指す次世代型の飲食店とは。

    課題

    人手不足の中、いかに人が付加価値を生み出す環境がつくれるか

    解決

    テクノロジーの活用で、作業や調理を効率化。接客に注力できる飲食店へ

GATHERING TABLE PANTRY 二子玉川の店内。決済は各種クレジットカード・電子マネー決済、QR決済に対応している。

店長の接客・調理時間も業務全体の7割近くに向上

ロイヤルホールディングスは2019年12月24日、"次世代の街の飲食店"として「GATHERING TABLE PANTRY 二子玉川」(東京・世田谷)をオープンした。

同社は、人口減少や内食・中食・外食のボーダーレス化が進む中、生産性の向上と働き方改革の両立を目指し、研究開発も担う店舗「GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町」(東京・中央)を2017年11月から運営している …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2020年以降の実店舗の新常識の記事一覧

2020年以降の実店舗の新常識の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する