販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

16のライフスタイルシーンを提案 ソニーがインテリアショップをオープン

内観・外観の様子。製品や家具はその場で購入できる。

ソニーがプロデュースするインテリアショップ「Life Space Collection」が、東京・表参道にオープンした。4月15日~6月30日の期間限定で、同社が展開する「Life Space UX(ライフスペースユーエックス)」シリーズの製品とインテリアを合わせた16のライフスタイルシーンを展示し、家具や同社製品の販売も行う。

「Life Space UX」とは、空間を変えることで暮らしに新しい体験を作り出すコンセプトをさす。このコンセプトに基づき、スマートフォンに入っている写真をテーブルや壁に表示するなど、家族や友人と楽しむことができるポータブル超単焦点プロジェクター「LSPX-P1」をはじめ、LED電球スピーカー「LSPX-103E26」、グラスサウンドスピーカー「LSPX-S1」といった製品が商品化されている。

店内の空間設計や商品の販売はライフスタイルショップ「リビング・モティーフ」を運営するアクシスが担当した。シーン展示内などの什器も購入可能だ。

期間中は毎月1回トークイベントを開催。席数は各回20人限定で、タレントや料理研究家などが登壇する。

また、来場者はその場でアンケートを書くと抽選で毎月1人にポータブル超短焦点プロジェクターが当たるキャンペーンも実施している。

店内には、4月15日~21日の期間限定で「新4Kプロジェクター -It's all here-」も展示された。ことし1月、米国ラスベガスで開催された「CES 2017」で参考出品されたコンセプトモデルで、日本国内での展示は初。

店舗のフロア構成はワンフロアで、延床面積は約125平米だ。開催期間中は無休で、営業時間は11時~21時。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する