販売促進の専門メディア

           

「進撃の巨人」 人気アニメ × 販促のパワー

6万人以上が脱出に挑戦!人に語りたくなる体験とは?

SCRAP

img01

イベント会場では、巨人化した主人公エレンの実物大の胸像人形(高さ約4メートル)とキャラクターパネルを設置。フォトスポットを設けたことで、SNSでは写真つきの投稿が目立った。

参加者が満足するイベントづくり

全国9都市で全22公演(最終公演11月9日)行われた、『進撃の巨人』×リアル脱出ゲーム「ある城塞都市からの脱出」は、6万2000人来場(10月現在)の大ヒットイベントとなった。東京公演のチケットは早々に完売し、埼玉で追加公演が行われるほど。今年12月には、シンガポールで開催されることが決まっており、国内外で人気のイベントとなっている。

今回の企画全般を担当したSCRAPのかわかたたまみ氏は、「参加者が納得できるストーリーを考えるのが大変だった」と振り返る。リアル脱出ゲームは、名前の通り“脱出できたら”成功となる。しかし『進撃の巨人』では、壁外に逃げたら巨人に食べられてしまうので、脱出が成功した場合に矛盾が生じてしまう。「そこで、参加者には調査兵団を目指す訓練兵になってもらい、街からではなく“絶望”という概念から脱出するというゲームストーリーにしました」(かわかた氏)。

また、元々のファンだけでなく、作品をよく知らない人たちにも内容を理解してもらいイベントを楽しんでもらうため、要所に工夫を施した。例えば、告知ビジュアルでは、イベントタイトルの「ある城塞都市」というワードだけでは作品の読者でなければイメージが伝わらないと考え、超大型巨人の顔を大きく使い、「この絶望から、逃げ切れ」というコピーを添えることで、一目見れば誰でも「この巨人が敵で、逃げるんだな」と内容が想像つくようにした。

会場ではオリジナルに作成したオープニングムービーの放映や、司会者によりストーリーを丁寧に説明にすることで、なるべくスムーズに世界観に入ってもらえるよう心掛けた。

img02

ビジュアルには超大型巨人を大きく使い、コピーと合わせて作品の内容を知らない人たちにも何をすればいいか一目で分かるようにした。

PRでさらなる盛り上がりをつくる

「『進撃の巨人』とコラボということで、ウェブやSNS上ではいつも以上に ...

あと51%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「進撃の巨人」 人気アニメ × 販促のパワー の記事一覧

『進撃の巨人』タイアップの依頼は2千件以上、コンテンツホルダーが企業に求めることは?
6万人以上が脱出に挑戦!人に語りたくなる体験とは?(この記事です)
『進撃の巨人』『ONE PIECE』『エヴァ』キャラクターパワーの違いは?
『進撃の巨人』、企業タイアップが一気に増えた理由は?
ファンの要求レベルを超えた広告が話題に
キャラクタータイアップでファンを魅了する方法
コレクション欲を刺激する『進撃の巨人』グッズ
流通で大規模な売り場を獲得、動画再生は346万回
スマホスタンプラリーで新規顧客を送客、2万人を秩父エリアへ!
『進撃の巨人』起用の理由や反響は?(UHA味覚糖、セガ エンタテインメント)
JRA「進撃の有馬記念」人気投票67億票 ユーザーのフリに応えて原作キャラが…
『進撃の巨人』起用キャンペーン、仕掛け人の目の付け所は?(後篇)
『進撃の巨人』起用キャンペーン、仕掛け人の目の付け所は?(前篇)
10段重ねの大型バーガー投入―『進撃の巨人』×ロッテリア 販促パワー検証
『進撃の巨人』起用の理由や反響は?(富士重工業、大正製薬)
キャンペーン対象商品が即完売、『進撃の巨人』×ローソン 販促のパワー検証

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する