販売促進の専門メディア

           

「進撃の巨人」 人気アニメ × 販促のパワー

『進撃の巨人』『ONE PIECE』『エヴァ』キャラクターパワーの違いは?

陸川和男(キャラクター・データバンク 代表取締役社長)

『進撃の巨人』を起用した企業の事例を分析すると、プロモーション効果が表れているのが分かるが、それを支えるアニメの魅力はどこにあるのか。キャラクター・データバンクの陸川氏が、他の人気作品との比較をふまえキャラクターパワーを分析する。

    『進撃の巨人』タイアップキャラクターとしての3つの魅力

    1. サブキャラクターも含めた登場キャラクターの魅力

    2. 謎や伏線が多い、考察しがいのある物語性の魅力

    3. 作品に厚みや深みを与える台詞の魅力

残酷描写を凌駕するアニメの魅力

ここ2、3年、広告販促に、ハイターゲット層向けのアニメキャラクターを起用する機会が増えている。当社の調査では、2011年は、キャラクターの販促起用のうちハイターゲット向けアニメキャラクターは全体の19.5%であったが、13年は24.7%に増加。消費者の嗜好性やメディアの多様化により、マスを捉えることが難しくなる中で、ターゲットに確実にリーチできる手法、消費者との共通言語として、ハイターゲット向けアニメの活用が増えている。

13年から14年にかけ多くの企業が採用しているのが『進撃の巨人』だ。講談社発行の『別冊少年マガジン』09年10月創刊号から連載がスタートした、マンガ家・諫山創のデビュー作。突如出現した圧倒的な力を持つ巨人と、襲撃を受けながらも抗い続ける人間の戦いを描いたファンタジーマンガだ。13年4月からテレビアニメが放送されると、原作未見の消費者の間で、その衝撃的な内容が大きな話題になり、一気に人気が拡大。12年のテレビアニメ化発表前の段階でのコミックスの発行部数は1000万部だったが、発表から放送を経た現在は、既刊14巻までで累計4000万部を突破した。

しかし『進撃の巨人』は、通常のヒットキャラクターに見られるように、アニメ化当初から企業タイアップが引手あまただったわけではない。ネックの一つは…

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「進撃の巨人」 人気アニメ × 販促のパワー の記事一覧

『進撃の巨人』タイアップの依頼は2千件以上、コンテンツホルダーが企業に求めることは?
6万人以上が脱出に挑戦!人に語りたくなる体験とは?
『進撃の巨人』『ONE PIECE』『エヴァ』キャラクターパワーの違いは?(この記事です)
『進撃の巨人』、企業タイアップが一気に増えた理由は?
ファンの要求レベルを超えた広告が話題に
キャラクタータイアップでファンを魅了する方法
コレクション欲を刺激する『進撃の巨人』グッズ
流通で大規模な売り場を獲得、動画再生は346万回
スマホスタンプラリーで新規顧客を送客、2万人を秩父エリアへ!
『進撃の巨人』起用の理由や反響は?(UHA味覚糖、セガ エンタテインメント)
JRA「進撃の有馬記念」人気投票67億票 ユーザーのフリに応えて原作キャラが…
『進撃の巨人』起用キャンペーン、仕掛け人の目の付け所は?(後篇)
『進撃の巨人』起用キャンペーン、仕掛け人の目の付け所は?(前篇)
10段重ねの大型バーガー投入―『進撃の巨人』×ロッテリア 販促パワー検証
『進撃の巨人』起用の理由や反響は?(富士重工業、大正製薬)
キャンペーン対象商品が即完売、『進撃の巨人』×ローソン 販促のパワー検証

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する