販売促進の専門メディア

O2O&オムニチャネル

「LINEコラボアカウント」導入第1号!サントリーのO2O戦略

サントリー食品インターナショナル

これまで、オンラインから実店舗への誘導施策という色合いが比較的強かったO2Oを、メーカーはどう活用すればよいのだろうか。昨年LINE公式アカウントを取得し、ローソンとの全国初の「LINEコラボアカウント」を活用したキャンペーンを実施したサントリー食品インターナショナルに聞いた。

当初、オフラインはイベントの側面が強かった

サントリー食品インターナショナルのO2Oの取り組みについて、同社の各商品のネットメディアを活用した各種施策を行う、 サントリービジネスエキスパート 宣伝部の石川貴史氏は、「当社におけるO2O施策のオフライン部分は、店舗というよりもバーチャルだけで終わらせないための"顧客と直接触れ合えるイベント"と捉えていた」と話す。例えば、昨年6月から8月、同社は「オランジーナ擬人化プロジェクト」を実施。商品を擬人化するプロジェクトは2012年夏の「C.C.レモン」に続き2回目となる。まず、果汁炭酸飲料「オランジーナ」をイメージした美女キャラクターをオンライン上のイラスト投稿サイト「pixiv(ピクシブ)」で募集。約5000点もの応募作品の中から選出した200点のイラストと、プロが描いた3点のイラストをプリントした、203個のオランジーナ特製缶を作った。それを8月に東京ビッグサイトで開催された日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)84」で展示。「ネット上に投稿したイラストがオフラインのイベントで商品パッケージというリアルな形になる施策。購買というより、顧客が集まるリアルな場を設けてコミュニケーションするイメージ」(石川氏)。

■オランジーナのビッグサイトでのブース風景
「オフライン」を顧客とのリアルに触れ合う場として活用した例。ネット上で募集したオランジーナ擬人化イラストの入選作などが描かれた203個の特製缶を「コミックマーケット(コミケ)84」で展示。多くの人が集まった。

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

O2O&オムニチャネル の記事一覧

商品に「いいね!」した人は本当に買うのか?無印良品「MUJI passport」
ハインツ日本、ネット連動の「限定デザイン缶」で売り上げアップ!
中小店舗でもO2Oできる!「LINE@」のアイデア活用事例
モスバーガーが目指すのは「体験価値提供型」のO2O
目的により取捨選択せよ!2014年注目のO2O手法6選
多様化するO2O手法、それぞれの強みと優先順位
消費者調査に学ぶ!プッシュ型情報配信のコツ
アプリでファン育成、ユナイテッドアローズのO2O
アパレル販売に革命を起こすか?スタートトゥデイ「WEAR」の狙い
なぜ「ジーユーアプリ」のキャンペーンには毎月数十万人が参加するのか?
「オムニチャネル」の宝庫!イオン幕張新都心店に行ってみた
「LINEコラボアカウント」導入第1号!サントリーのO2O戦略(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する