販売促進の専門メディア

O2O&オムニチャネル

消費者調査に学ぶ!プッシュ型情報配信のコツ

編集部調査

O2O手法として依然、多くの企業に活用されているのが、スマホアプリなどによるプッシュ型の情報配信だ。2013年4月に編集部が実施した消費者調査では、そうしたO2Oアプリを利用している人は19.2%にとどまったが、今年の調査では35.6%にまで増加。今後のさらなる利用拡大も期待できる結果となった。こうした状況下で、どのような情報配信の方法なら来店・購買の後押しになるのか?調査結果から見えてきた消費者の実態をもとに、そのポイントを探った。

ポイント1 アプリの認知獲得も重要

存在に気付かない人が17.7%

特典や情報が受け取れるアプリを利用していない理由として、約3割が「インストール、起動が面倒だから」と回答。インストール時に個人情報の入力などを求めるアプリも多いが、ユーザーに与える手間とメリットのバランスを見極める必要がある。また、今年の調査では「そういったアプリがあることを知らなかったから」「ショッピングの情報をオンラインでは探していないから」という選択肢を追加したところ、「知らなかったから」と回答した人が17.7%に上り、アプリの存在を知らせる必要性も明らかになった。

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

O2O&オムニチャネル の記事一覧

商品に「いいね!」した人は本当に買うのか?無印良品「MUJI passport」
ハインツ日本、ネット連動の「限定デザイン缶」で売り上げアップ!
中小店舗でもO2Oできる!「LINE@」のアイデア活用事例
モスバーガーが目指すのは「体験価値提供型」のO2O
目的により取捨選択せよ!2014年注目のO2O手法6選
多様化するO2O手法、それぞれの強みと優先順位
消費者調査に学ぶ!プッシュ型情報配信のコツ(この記事です)
アプリでファン育成、ユナイテッドアローズのO2O
アパレル販売に革命を起こすか?スタートトゥデイ「WEAR」の狙い
なぜ「ジーユーアプリ」のキャンペーンには毎月数十万人が参加するのか?
「オムニチャネル」の宝庫!イオン幕張新都心店に行ってみた
「LINEコラボアカウント」導入第1号!サントリーのO2O戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する