販売促進の専門メディア

スポーツに人が集まる!

ツール・ド・フランス、Jリーグ、プロ野球...スポーツがもたらす周辺地域への影響

※五輪関連の知的財産についてはこちら

イベントによってはスポンサー以外も販促活用可能

スポーツイベントは一般的に、開催地域との関係性が深い。規模の大小にかかわらず、スポーツイベントを地元で開催してほしいと考える企業や商店が多いからこそ、五輪の東京招致活動も支持されたのだろう。その理由の一つは、開催地の周辺地域にもたらす商業的な影響が期待できるためだ。

実際、各地で開催されるスポーツイベントに合わせ、地元の商店街や商業施設、商店が、その盛り上がりをプロモーションに活用する例は多い。イベントによってはスポンサーでなくても、地域全体での盛り上がりに貢献しながら、販促・集客にイベントを生かすことも可能だ。ここでは最近の事例を紹介するとともに、同様の取り組みを東京五輪に絡めて企画するとしたらどうか、考えてみたい。

※実際の可否は、さまざまな条件や背景を踏まえて総合的に判断されるため、その都度JOCに問い合わせください。




CASE1 浦和駅周辺商店会青年部連合会「第4回浦和サッカーフェスタ」

浦和サッカーフェスタ1 浦和サッカーフェスタ12

6~7月にかけ、Jリーグ・浦和レッズのホームタウンである浦和駅周辺でサッカー関連のイベントを開催。42の参加店舗にスタンプラリーの冊子を持参した人に、各店で割引などの特典を設けた。また、4・5月には浦和レッズレディースのホームゲームに合わせた共同キャンペーン「浦和の街を赤く染めよう!LET'S GO LADIES」が行われ、試合当日、チームカラーの赤いものを身に着けて、参加する七つの商店街・25店で「ウラワコマバ」と伝えると特典が受けられた。浦和レッズのホームスタジアムが駒場スタジアム(浦和駅)から埼玉スタジアム(浦和美園駅)に移行したため、浦和駅周辺ではエリアの活性化に向けたイベントに注力している。

あと44%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

スポーツに人が集まる! の記事一覧

幕張を「スポーツの聖地」に!イオンモール幕張新都心の挑戦
ツール・ド・フランス、Jリーグ、プロ野球...スポーツがもたらす周辺地域への影響(この記事です)
商店街、商業施設、個店が2020年に向けて今、やるべきこととは?
観光業だけじゃない!2020年、訪日観光客の消費需要を全業種でつかむ方法
キーワードは「おもてなし」!スポーツ興行の顧客満足度を高める方法
データで検証!スポーツコンテンツが販促・集客に役立つこれだけの理由
「売り場×スポーツ」で何ができる?プランナー6人のアイデア
キャッチフレーズ、デザイン...どこから「便乗」?五輪関連の知的財産は「グレーゾーン」に要注意
ゼビオ、年間300回のイベントでショールーミングに対抗
ショッピングモールで50m走?為末大が目指す「日常のスポーツ化」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する