販売促進の専門メディア

スポーツに人が集まる!

データで検証!スポーツコンテンツが販促・集客に役立つこれだけの理由

編集部レポート

オリンピック・パラリンピックの東京開催が決まる前から、ランニングや登山のブームなど、スポーツに対する社会的な関心の高まりは生まれつつあった。今後7年間は五輪開催に向け、その関心がさらに高まっていくことが予想される。その背景にはどんな要因があるのか。スポーツを取り入れたプロモーションを考える上で参考にしたい。

030_111.jpg

“Doスポーツ”人口とともに情報発信力が増加

ここ数年、ライフスタイル誌などのメディアではランニングやヨガ、アウトドアの特集が盛んに組まれ、自ら日常的にスポーツを楽しむ人が増えている。

文部科学省が今年1月に実施した「体力・スポーツに関する世論調査」の結果(その1)によると、「過去1年間で行った運動・スポーツの日数が週に3日以上」であると回答した人は30.1%となった。この数字は、1988年の17.1%を底辺に、ほぼ毎年増加傾向にある。

理由その1
日常的にスポーツする人が増えている

今年1月に実施された「体力・スポーツに関する世論調査」の結果によると、対象者の約3割が「過去1年間で行った運動・スポーツの日数が週に3日以上(年151日以上)」であると回答。日常的にスポーツに取り組んでいる人が増加傾向にあることがうかがえる。また、「今後行ってみたい運動・スポーツの種目」に関してはウォーキングに次いで体操(ラジオ体操、美容体操、エアロビクスなど)、水泳、ランニングが続き、一人で手軽にできる種目が注目されていることが分かる。

今後行ってみたい運動・スポーツの種目

出典:文部科学省「体力・スポーツに関する世論調査」結果を基に編集部が作成。調査時期:2013年1月10日~1月20日/調査対象:全国20歳以上の男女3000人(回答率63.2%)

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

スポーツに人が集まる! の記事一覧

幕張を「スポーツの聖地」に!イオンモール幕張新都心の挑戦
ツール・ド・フランス、Jリーグ、プロ野球...スポーツがもたらす周辺地域への影響
商店街、商業施設、個店が2020年に向けて今、やるべきこととは?
観光業だけじゃない!2020年、訪日観光客の消費需要を全業種でつかむ方法
キーワードは「おもてなし」!スポーツ興行の顧客満足度を高める方法
データで検証!スポーツコンテンツが販促・集客に役立つこれだけの理由(この記事です)
「売り場×スポーツ」で何ができる?プランナー6人のアイデア
キャッチフレーズ、デザイン...どこから「便乗」?五輪関連の知的財産は「グレーゾーン」に要注意
ゼビオ、年間300回のイベントでショールーミングに対抗
ショッピングモールで50m走?為末大が目指す「日常のスポーツ化」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する