IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

CREATIVE NEWS

中平卓馬 火―氾濫ほか展覧会情報

戦後日本を代表する写真家の没後初回顧展

中平卓馬火―氾濫

森山大道や篠山紀信ら同時代の写真家を大いに刺激し、ホンマタカシら後続の世代にも多大な影響を与えてきた中平卓馬。

1960年代末に『PROVOKE』誌などに発表した「アレ・ブレ・ボケ」の強烈なイメージ、1973年の評論集における自己批判と方向転換の宣言、そして1977年の昏倒・記憶喪失とそこからの再起など、中平の劇的なエピソードは彼の存在感を際立たせる一方で中平像を固定し、その仕事の詳細を見えにくくするものでもあった。

本展は、初期から晩年に至る中平卓馬の仕事を、「来たるべき言葉のために」から「写真原点」までの5つの章立てで丁寧に追いながら、その展開を再検証する試み。特に、1975年頃から試み、1977年に不慮の昏倒と記憶喪失によって中断を余儀なくされた模索の時期の仕事に焦点を当て、再起後の仕事の位置付けについてもあらためて検討していく。

1976年にマルセイユで発表されて以来、展示されることのなかった《デカラージュ》や未公開作品を含む約400点の作品や資料を通じて、思考と実践の軌跡をたどる。

中平卓馬《無題#437》2005年、発色現像方式印画、90.0×60.0cm

中平卓馬《「サーキュレーション―日付、場所、行為」より》1971年、ゼラチン・シルバー・プリント、各32.0×48.0cm

中平卓馬《無題#470》2010年、発色現像方式印画、90.0×60.0cm

中平卓馬《無題#445》2010年、発色現像方式印画、90.0×60.0cm

東京国立近代美術館 ©Gen Nakahira

中平卓馬 火―氾濫
期間2月6日~4月7日 東京国立近代美術館[東京・千代田区]
時間10時~17時(金曜・土曜は20時まで、入場は閉館時間の30分前まで)
休館日月曜(2月12日、3月25日は開館)、2月13日
観覧料一般1500円、大学生1000円、高校生以下無料
お問い合わせハローダイヤル 050-5541-8600
あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

JAA広告賞消費者が選んだ広告 ニッポン放送のラジオCMなどグランプリに
京都市美術館開館90周年記念展「村上隆 もののけ 京都」ほか展覧会情報
中平卓馬 火―氾濫ほか展覧会情報(この記事です)
印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵ほか展覧会情報
PRアワード最高賞 空き家問題へ新提案「さかさま不動産」に
印刷/版画/グラフィックデザインの断層1957-1979ほか展覧会情報
坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディアほか展覧会情報
Tomo Koizumiほか展覧会情報
ACC 2023各部門グランプリ決定 新たにPR部門新設
グッドデザイン大賞 千葉・八千代のデイサービス施設「52間の縁側」に
もじイメージGraphic展ほか展覧会情報
コシノジュンコ 原点から現点ほか展覧会情報
111年目の中原淳一展ほか展覧会情報
倉俣史朗のデザイン――記憶のなかの小宇宙ほか展覧会情報

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る