IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

現実的な機微を描き、移住のきっかけをつくる

神奈川県/小田原市「おだわらでみつけたもの」

Web動画「おだわらでみつけたもの」。予告編と本編(第1~7話)の計8本の動画をYouTubeで公開。CM制作で培った手法を活かし、4日間で撮影を行った。動画へのリンクがある小田原市のWebサイト「オダワラボ」では撮影場所となったロケ地が紹介されている。

小田原市は8月13日、移住PR動画「おだわらでみつけたもの」を公開した。全7話、ドラマ仕立てのショートムービーを制作したのは、テレビCMを主に手がける21インコーポレーション。主役は、東京で暮らす夫婦と子ども1人の家族。2泊3日の移住体験で小田原を訪れ、自然や地元の人と触れ合う中で関係がぎくしゃくしていた夫婦が再び心を通わせていく様子を描いている。

「小田原市は新幹線を使えば都心から約30分。コロナ禍で近距離移住の機運が高まっていますが、交通アクセスが良いというだけで人は動きません。移住を現実的に考えてもらうには、その過程を描くドラマが適していると考えたんです」と、プロデューサー 髙島康夫さん。

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

旅人と地域をつなぐ回遊の「ハブ」に
現実的な機微を描き、移住のきっかけをつくる(この記事です)
『君の名は。』プロデューサーと制作 地元への感謝を伝える山形日産のアニメCM
カオスなWeb展開で伝える、商店街の新たな魅力
レンタサイクルを親しみやすい存在に
1万3000個超の黒い丸と2つの赤い丸で伝える核兵器の脅威
老舗のそうめんメーカーが仕掛ける、哀愁漂う「ゴシキメン」
若山牧水の生まれ故郷から伝える短歌の魅力
カタログから派生した広告・コンテンツ
東北・新潟の魅力を日本、世界へ発信する拠点へ
大学生の日常を通じ、マイボトルの利用を軽やかに促す
一通のラブレターから生まれたマヌルネコのMV

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る