IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

坂田利夫さんのギャグを活かして、銀行らしくないCMを

千葉県/千葉銀行「わが家は、なにかと ちばぎんです。」

店頭に掲載しているポスター。

テレビCM「行こかやめよか」篇。

テレビCM「マジック」篇。

千葉銀行は、1月1日から鈴木愛理さんとお笑い芸人の坂田利夫さんを起用したブランドキャンペーンを開始した。祖父と孫娘という設定の2人が坂田さんのギャグをしたり、マジックをしたり、家族の日常のあたたかな1コマを描いている。

「約10年担当している千葉銀行のブランドキャンペーン。今回のテーマはカスタマーエクスペリエンスで、ターゲットは老若男女でした。それを聞いて、多様な年代の人を内包する家族のフレームがいいかもしれないと思ったんです。そしてできたのが、『わが家は、なにかと ちばぎんです。』というコピー。銀行には人生の節目で、さまざまな使いみちがあることを伝えられればと考えました」と電通東日本 クリエーティブディレクター/プランナー 古山健志さん。

CMで取り扱う商品として選んだのは、デビットカードとスマートフォンアプリ。誰でも使えることを表現するために...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

広島市内を被爆樹の博物館に
坂田利夫さんのギャグを活かして、銀行らしくないCMを(この記事です)
埼玉県長瀞町を、移住先として印象付けるきっかけに
考え抜いて馬鹿をするのが格好いい
鯉の復活ストーリーを詰め込んだ空間演出
Web授業とテストで、食品ロスを能動的に学ぶ機会に
「余白」を設けて興味喚起 文字中心の観光PR
全国の「ヨーグルッペ」ファンが喜ぶ宮崎らしいキャンペーン
通過する駅から集う駅へ。目指すのは「みんなの駅の交流拠点」
外の人の目線で描き、「客観」を「共感」に変える
新聞で届ける夏の思い出、新しい体験
「灯籠まつり」が中止になった山鹿市を踊ってPR

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る