IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

鯉の復活ストーリーを詰め込んだ空間演出

香川県/四国新聞社「六六鱗掬月七百景」

大広間に並ぶ鯉のポスターの様子。

11月1日から3日にかけて四国新聞社が栗林公園(高松市)の掬月亭で開催した特別企画展「六六鱗掬月七百景」。「六六鱗」とは、一列に36枚の鱗が並ぶことに由来する鯉の別名だ。栗林公園は江戸時代から鯉が悠々と泳ぐ池の景観の美しさで知られてきたが、2018年の鯉ヘルペスの蔓延によってその姿は失われていた。そこで、四国新聞社は栗林公園ニシキゴイ復活応援プロジェクト「コイサポ」に協力。

寄付を集め、11月3日にようやく元の700匹超の姿が蘇った──そのストーリーを空間や映像・グラフィックで表現したのが、今回の展覧会だ。企画制作を手がけたのは、電通 プランナー 関遼さん、葛原健太さん、同アートディレクター 瀧澤章太郎さんらのチーム。「鯉の復活を新聞の45段広告で告知した上で、さらにストーリーを知っていただけるような取り組みができないかと考えました」と関さん。

会場の仕掛けはこうだ。入口では鯉のぼりのような24枚の...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

鯉の復活ストーリーを詰め込んだ空間演出(この記事です)
Web授業とテストで、食品ロスを能動的に学ぶ機会に
「余白」を設けて興味喚起 文字中心の観光PR
全国の「ヨーグルッペ」ファンが喜ぶ宮崎らしいキャンペーン
通過する駅から集う駅へ。目指すのは「みんなの駅の交流拠点」
外の人の目線で描き、「客観」を「共感」に変える
新聞で届ける夏の思い出、新しい体験
「灯籠まつり」が中止になった山鹿市を踊ってPR
哀愁漂う「Uバク」がUTY山梨テレビの新たな「顔」に
日本中の子どもたちと子育てに取り組む人を農業で応援する
260万年前に遡り、別府温泉の歴史に浸かる
ホテルが美術館に?建物の魅力を伝えるリニューアル

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る