IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

JAGDA 新人賞展他 展覧会情報

登竜門をくぐり抜けた若手デザイナー3名が集結

JAGDA 新人賞展2020 佐々木俊・田中せり・西川友美

JAGDA 新人賞を獲得した1名の展覧会が、9月8日よりクリエイションギャラリーG8にて開催される。

日本グラフィックデザイナー協会(JAG-DA)は、現在、会員数約3000名を誇るアジア最大規模のデザイン団体だ。JAGDAの発行する年鑑『Graphic Design in Japan』では、出品者の中から、今後の活躍が期待される39歳以下のグラフィックデザイナーに「JAGDA 新人賞」を1983年来、贈っている。この賞は、いまや第一線で活躍する113名のデザイナーを輩出していることから、デザイナーの登竜門として、デザイン・広告関係者から注目を集めている。38回目となる今回は、新人賞対象者145名の中から、佐々木俊・田中せり・西川友美の3名が選出された。

本展では、3名の受賞作品および近作を、ポスターや映像などを中心に紹介する。

佐々木俊
美術館の所蔵作品展グラフィック「デザインの(居)場所」(cl:東京国立近代美術館)

田中せり
酒造会社のブランディング「せんきん」(cl:せんきん)

西川友美
個展のツール「dou?」(org:リクルートホールディングス)

JAGDA 新人賞展 2020 佐々木俊・田中せり・西川友美

9月8日~10月15日まで。クリエイションギャラリーG8[東京・中央区]
11時~19時 休館日:日曜・祝日
入場無料・事前予約制(詳細はWebサイトにて)
◇お問い合わせ クリエイションギャラリーG8→03-6835-2260

東京・品川の原美術館 閉館前最後の展覧会

光―呼吸 時をすくう5人

原美術館の閉館前最後の展覧会となる「光―呼吸 時をすくう5人」が来年1月11日まで開催される。

本展は、「慌ただしさの中で視界から外れてしまうものに眼差しを注ぎ、心に留め置くことはできないか」という想いから企画が生まれた。今井智己や城戸保、佐藤時啓の写真を中心とする表現に加え、原美術館のコレクションから佐藤雅晴のアニメーションと、リー・キットのインスタレーションが展示される。そこにある時間や空間に光をあて、自身を取り巻く社会の息遣いを形にし続けている5作家たちの作品を通し、見る人の心に深く語りかける。

1979年、原美術館は東京・品川にある実業家 原邦造の邸宅跡地に開館した。建物の老朽化とバリアフリーなどの観点から、今後は、群馬県にて別館のハラ ミュージアム アークと集約し「原美術館 ARC」として活動をしていくという。

今井智己
「Semicircle Law #42 2018.9.11/33km」202026.9x37.4cm C-print©Tomoki Imai(参考画像)

城戸保
「光と蜜柑」2019 C-print©Tamotsu Kido

リー・キット
「Flowers」2018 プロジェクターの光、段ボールにアクリル、エマルジョン塗料、インクジェットインク、鉛筆©Lee Kit Photo:Shigeru Muto

光―呼吸 時をすくう5人

9月19日~2021年1月11日まで。原美術館[東京・品川区]
平日11:00~16:00 土日祝 11:00~17:00
休館日:月曜(9月21日、11月23日、1月11日を除く)、9月23日、11月24日、12月28日~1月4日
入館料:一般 1100円、大高生 700円、小中生 500円、70歳以上 550円/原美術館メンバーは無料、学期中の土曜日は小中高生の入館無料。
※入館は日時指定の予約制。詳細は原美術館公式Webサイトへ。
◇お問い合わせ 原美術館→03-3445-0651

あと47%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

JAGDA 新人賞展他 展覧会情報(この記事です)
美術館の新デザイン 瀧本幹也個展 他
「日本のグラフィックデザイン2020」ほかブレーン編集部注目の展覧会
The One Show最高賞はバーガーキング
「de-sport:」他ブレーン編集部注目の展覧会
ニューヨークADC賞発表 最高賞はAirPodsのCM「Bounce」
ニューヨークフェスティバル、JAAA若手大賞が発表
毎日デザイン賞、クリエイター・オブ・ザ・イヤー決定
操上和美「April」他、注目の展覧会
メディア芸術祭、TDC2020、受賞作品発表

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る