IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

TEPCOの新キャラクターはうさぎの「テプコン」

東京電力エナジーパートナー

今年7月、東京電力エナジーパートナーはうさぎの新キャラクター「テプコン」を使った「耳よりセット キャンペーン」を開始した。テレビCMをはじめ、ラジオ広告、交通広告などを中心にキャンペーンを約2カ月にわたり展開した。

社内用ポスター。

7年ぶりのテレビCM再開 企業広告と商品広告を並行して展開

東京電力エナジーパートナーは2015年、東京電力から分社化して生まれた小売電気事業会社だ。東京電力の契約を引き継ぎ、消費者とのコミュニケーションの接点を担う。同社は2017年の都市ガス自由化からガス事業にも参入しており、今回の「耳よりセット キャンペーン」は、ガス販売認知を目的としたものだ。

キャンペーンは、ひげが電気で耳はガスのうさぎのキャラクター「テプコン」が登場し、「電気・ガス、まとめておとく」と伝える商品訴求シリーズと、「TEPCOのある暮らし」を描く企業広告シリーズの2つを同時に展開している。

東京電力がテレビCMを実施するのは、震災以降実に7年ぶりのことだ。そこで、広告活動再開にあたり、キャラクターの登場する商品訴求だけでなく、会社として目指す方向を伝える企業広告シリーズもセットで展開している。

テレビCM「TEPCOのある生活」篇では、「電気とガスの活躍の場所。それは、みんなの暮らしの隅々です。」というメッセージと共に、キッチンで家族の食事を準備する母親や、家族アルバムをめくる祖父と孫、リビングで時間を過ごす親子など、毎日の暮らしの中の小さな一場面=「暮らしの隅々」が描かれる。暮らしの中の出来事を丁寧に見つめていきたいという事業の想いを表現している。どちらも、クリエイティブディレクションおよびコピーライティングは岡本欣也さんが担当。うさぎの「テプコン」のデザインは、サン・アドのアートディレクター 岡本学さんによるものだ。

商品広告シリーズと企業広告シリーズに共通するのは「電気、ガス、それから それから。」というコピーだ。「電気とガスを主軸にしつつ、これからさらに住まいに関わる新しいサービスが始まるという期待を込めたコピーです」と、東京電力エナジーパートナー プロモーション企画グループの尾崎晋作さんは話す …

あと51%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

TEPCOの新キャラクターはうさぎの「テプコン」(この記事です)
シェアの種を散りばめたローンチイベント
クリエイターが構想から参画 日本初の本格瞑想専門スタジオ
従来とは異なる香取慎吾のイメージに光を当てる
世界7の国と地域で同日・同コンセプトのイベントを開催
人間のドロドロした怖さを週刊誌風に表現
健康増進という新しい保険の価値を知らせる大型ティザー広告
ファッションの魅力を言語化して宣言する
ブランドの持つ資産を現代版にアップデートする
20年の時を経て復活した「オー人事」CM
模試形式のスマホコンテンツで「防災力」を試す

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る