IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

シェアの種を散りばめたローンチイベント

CLINIQUE「clean shield studio」

CLINIQUE(クリニーク)は、新発売の保湿ジェル「ドラマティカリー ディファレント ハイドレーティング ジェリー(DDHJ)」のローンチイベントを開催した。会場にはインタラクティブな仕掛けを活用した体験コンテンツが設置され、多くの反響を呼んでいる。

7月6日から8日に開催された「clean shield studio」。

ブランドの若返りを図るアプローチ

クリニークは「DDHJ」のローンチに伴い、7月6日から3日間にわたって渋谷で発売記念イベントを行った。会場には「心・美・体」をテーマにした3つのインスタレーションと、ファッション誌の写真も手がけるフォトグラファーのキクマヤスナリさんが撮影するフォトブースなどが設けられた。

1970年代後半に日本に上陸したクリニークは、海外の化粧品ブランドのはしりとして受け入れられてきた。一方で近年は、ブランドの若返りが課題の1つになっていた。企画を担当したクリエイティブディレクターの金原次郎さんは、20~30代の女性に現代に合わせたアプローチをしたいとオリエンを受けたという。

ターゲット層の購買にはSNSが大きく影響を及ぼすことからシェアや口コミを促すことを重視し、「記憶に残り、人に話したくなる体験」を意識して進めていった。「DDHJには乾燥などの環境ストレスから肌を守り、潤い吸収のサポートをする機能があります。それは調査からわかった、20~30代の8割近くが情報過多な時代の中で、必要な情報だけを選び取る、シンプルな生き方を求めていることとうまく重なると感じました。その姿勢を『一番強い、透明な私へ。』のコピーにまとめ、展示のテーマに落とし込んでいきました」と金原さん。

「clean shield photo studio」では、イベント初日のみキクマヤスナリさんが撮影。

シェアされるコンテンツには参加性が必要

インスタレーションは、商品とブランドの体験をベースに設計された。DDHJを手に塗り、シミをイメージした黒い煙が浮かぶ画面に手をかざすことで、煙が晴れる …

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

TEPCOの新キャラクターはうさぎの「テプコン」
シェアの種を散りばめたローンチイベント(この記事です)
クリエイターが構想から参画 日本初の本格瞑想専門スタジオ
従来とは異なる香取慎吾のイメージに光を当てる
世界7の国と地域で同日・同コンセプトのイベントを開催
人間のドロドロした怖さを週刊誌風に表現
健康増進という新しい保険の価値を知らせる大型ティザー広告
ファッションの魅力を言語化して宣言する
ブランドの持つ資産を現代版にアップデートする
20年の時を経て復活した「オー人事」CM
模試形式のスマホコンテンツで「防災力」を試す

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る