IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

従来とは異なる香取慎吾のイメージに光を当てる

BMW「UNFOLLOW」

ビー・エム・ダブリュー(以下、BMW)は2018年を「year of『X』」と定め、同社が展開する「X」モデルのプロモーションに注力している。日本でも4月の新型発売を皮切りに、新しい施策が始まっている。

六本木駅で展開された「UNFOLLOW」のポスター掲出風景。

前例のない日本独自のコンテンツ制作

BMWは4月16日、「X」モデルの新型「BMW X2」の発売にあたってプレス発表会を開催し、「新しい地図」の香取慎吾さんがX2のブランドフレンドに就任することを発表した。5月からは日本における本格的なプロモーションをスタートしており、香取さんが出演し、激しいラップとダンス披露するWebムービーを公開。さらに、ムービーの世界観をもとに香取さんが車体の展開図にスケッチし、それを本物の車体に描き上げたラッピングカーを六本木アートナイトで展示した。

BMW コミュニケーション・サブライン・マネジャーの井上朋子さんは、「グローバルで共通するコミュニケーションの指針は、デジタル施策をメインに据えて、30~40代の新規層をターゲットに設定することでした。Xモデルは、X1からX6まで展開していて、それぞれの型にはブランドのイメージを表す言葉がグローバルで設定されています …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UPの記事一覧

PICK UPの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る