IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインの見方

ものづくりに対するまっすぐな姿勢

大島慶一郎

    ナイキジャパン

  • 企画制作:Wieden+Kennedy TOKYO+サン・アド
  • CD:ジョン・C・ジェイ
  • CD+C:佐藤澄子
  • AD+D:野田凪
  • D:安藤基広
  • 撮影:内田将二

2006年に独立するまで、僕が在籍していたのは野田凪さんの宇宙カントリーです。03年、野田さんが宇宙カントリーを立ち上げたときから参加しました。それ以前に在籍していたサン・アド時代から、彼女とは5年近く仕事を共にしました。

最初に会ったのは、大学を卒業した直後のTDC賞展の会場。僕はサン・アドを落ちたのですが、どうしても入りたくて、後日、野田さんにアポイントをとって作品を見てもらいました。そこからいくつかのデザイン事務所で仕事を覚えて、再度サン・アドを受けるチャンスが巡ってきました。面接の日に、会社の入口に貼ってあったのが、このポスター。そのときは誰がデザインしたか知らなかったのですが、とても惹かれました。幸いサン・アドに受かり、このポスターを制作したのが野田さんだと知ったのです。

それ以前の野田さんの作品はTDC賞に入賞したトニータナカのポスターのように、手描きのイラストが多く、不思議なデザインをする人だなという印象でした。だから、このポスターを野田さんがデザインしたと知ったとき、失礼な言い方かもしれませんが、あれ、こんなにきちんとデザインができるんだ、と驚きがありました。メッセージのわかりやすさ、シンプルだけど大胆なビジュアル、広告として人の目を引きつける要素が、このポスターにはすべて入っていました。

入社後、野田さんは僕の上司になりました。年齢は同じなのですが、社会人としての経験は彼女のほうが長かった。一緒に働いてみてわかったのですが …

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインの見方 の記事一覧

ものづくりに対するまっすぐな姿勢(この記事です)
串田孫一が教えてくれた 山とデザイン
商品の世界観を教えてくれた ガンプラの箱絵
面接の日に、偶然出会ったポスター
ジャン・ポール・グード その濃厚なビジュアルがもたらす美しく夢を見ているような感覚

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る