IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

企業が求めるクリエイター 新しい仕事と役割

年収1000万、プロジェクトを率いるキャリアを 【PR】

日本ビジネスアート

広告会社を通さず300社の企業と直取引を行う日本ビジネスアート。ここで目指すキャリアは、自分の名前に対して仕事がくることと、年収1000万の突破だ。日本有数企業のブランディングに200社以上関わり、海外視察へも同行するなど、その関係は深い。147名の独立系、急成長企業だ。

01 左から杉浦嘉彦さん(チーフディレクター)、上野亜希子さん(統括アートディレクター)、小関真裕美さん(統括アートディレクター)、中道健一さん(アートディレクター)、石川雄太さん(クリエイティブ戦略研究所所長)、石山宏さん(アートディレクター)。

仕事も、仲間も、年収も、クリエイターはもっとわがままでいい

「広告業界はいま、予算の削減が加速しています。クライアントから成果を求められる一方、クリエイターは目の前の細かな案件を矢継ぎ早にこなす毎日が続いていました。その日々の中で、クリエイティブの品質を追求する機会を失っていいのか、という自問がありました」と日本ビジネスアート チーフディレクターの杉浦嘉彦さんは語る。

そこで日本ビジネスアートは2007年、大きく事業展開をシフト。単発コンペに参加して仕事を請け負うような仕事をやめ、クライアントのトップやブランドマネージャーたちと直接対話して進めるプロジェクトにクリエイターの力を集中させたのだ。

「クリエイターたちの欲求を実現しようと思った結果です。クライアントの顔が見えること、プロジェクト全体を把握して動かせること。ときには赤字覚悟でも、徹底的にクライアントとディスカッションします。利益は後からでいい。まずは、『あなたに仕事をお願いしたい』と言われるポジションを勝ち取ることです」と杉浦さん。

1日の業務時間のうち3割は自分の決めた自由なクリエイティブテーマで情報に触れる時間にしてよいなど、最先端であり続ける工夫を日常に取り入れている。事業展開をシフトしてから現在まで、6年の間に上場企業との取引は200社以上増加した。

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業が求めるクリエイター 新しい仕事と役割 の記事一覧

「クライアントファースト」の理念が、Webの価値を高める(ファーストブランド)
鳥取、高知に会社設立 日本全国をプロデュースするトレードマーク47
年収1000万、プロジェクトを率いるキャリアを 【PR】(この記事です)
たき工房による、自社デザイナーブランド化プロジェクト
上海~東京を行ったり来たり 2拠点の視点をデザインに生かす
体験型ツアー「カルトラ」、ワインバー、アートギャラリー...デジタル施策にリアリティを
ロールモデルなき時代のキャリアデザイン
経営と責任を共有し組織からつくりあげる
デザインを経営の力に!佐藤可士和×ユニクロインハウスチームの挑戦
経営、技術、デザイン 3つの視点でジャッジする

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る