IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

企業が求めるクリエイター 新しい仕事と役割

経営と責任を共有し組織からつくりあげる

小松裕行

約11年間アディダスジャパンのクリエイティブディレクター、ブランドマネージャーを経験し、2009年に独立した小松裕行さん。独立と共に東京・馬喰町に構えた事務所では2階をオフィススペースとし、1階にはカフェ兼定食屋「フクモリ」をオープンした。今年9月には新たに東京・神田万世橋に2号店をオープンするなど、その活動を拡大している。

01,02 「フクモリ マーチエキュート神田万世橋店」。今年9月にオープン。

――アディダスジャパンではどのようなお仕事をされていたのでしょうか。

アディダスジャパンは2002年に開催されたサッカー日韓W杯へ向けて、98年に設立されました。僕はそこのインハウスクリエイティブセクションでクリエイティブディレクターとして働いていたのですが、広告制作や店舗デザインはもちろん、社内外のクリエイティブも統括する立場だったため、社内のあらゆる部署が僕のクライアントになるような構造でした。つまりフットボールやランニングのビジネスユニットが、広告を制作するためにクライアントになるのは当然として、直営店を統括するユニットから店舗デザインを依頼されたり、総務部から年賀状や名刺作成を依頼されたりもする。そうするとあらゆる情報が集まってきて、ブランドと会社がどんな方向へ向かおうとしているのかが把握できるようになりました。ビジネスとブランドとクリエイティブという3つの視点から客観的に会社を見ることのできる、唯一のポジションにいたと思います。

――そこからどのような経緯で独立されたのでしょうか。

もともと独立する気持ちはまったくなかったのですが、07年にアディダスジャパンはスポーツ部門とファッション部門を分けることとなり、そのファッション部門でブランドマーケティングを統括するポジションになってほしいと会社から打診されたんです。でも、僕はその話を断りました。というのも先に話したように、僕がそのポジションにつくと、客観的に経営に意見を言うことのできる人間がいなくなってしまうからです。それで僕は「どうしてもそのポジションを求めるなら退職する」と言ったんです。

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業が求めるクリエイター 新しい仕事と役割 の記事一覧

「クライアントファースト」の理念が、Webの価値を高める(ファーストブランド)
鳥取、高知に会社設立 日本全国をプロデュースするトレードマーク47
年収1000万、プロジェクトを率いるキャリアを 【PR】
たき工房による、自社デザイナーブランド化プロジェクト
上海~東京を行ったり来たり 2拠点の視点をデザインに生かす
体験型ツアー「カルトラ」、ワインバー、アートギャラリー...デジタル施策にリアリティを
ロールモデルなき時代のキャリアデザイン
経営と責任を共有し組織からつくりあげる(この記事です)
デザインを経営の力に!佐藤可士和×ユニクロインハウスチームの挑戦
経営、技術、デザイン 3つの視点でジャッジする

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る