日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

デジタル広報再入門 実践編

広報も売上に貢献する時代、インバウンドマーケティングをPR戦略に組み込む

中村竜次郎(ガイアックス)

インバウンドマーケティングの考え方を取り入れることで、より自社サイトへユーザーを呼び込むことができる。ガイアックスでオウンドメディア運営を担う中村竜次郎氏は、「役立つ情報の提供と広報の協力により問い合わせや売上獲得が倍増した」とその成果を語る。広報・PRの直接的な販売支援を考える。

女子高生×忍者の動画が拡散

2014年夏、ソーシャルメディアで一気に広がった動画がある。スマートフォンで撮影していた女子高生2人が突然、鬼ごっこを始めるというものだ。

バック転や宙返り、校舎の屋上からのジャンプなど、アクロバティックなアクションが繰り広げられる。けむり玉やマキビシ、身代わりの術といった軽やかな技も飛び出し、本物の忍者さながらの演出だ。しかも衣装は制服のため、なおさら興味を引いた。観ていた多くの方が「何の動画?」と強く惹きつけられたに違いない。YouTubeでの再生回数は700万回に達している。

この動画のタイトルは、「忍者女子高生」。実はサントリーの動画企画だったというのは最後に登場する「C.C.Lemon」の文字で初めて分かるのだが、「忍者女子高生」という言葉と一緒に、閲覧した人から友人へ、さらにその友人へと拡散していった。まだ観たことがない方は「忍者女子高生」と検索してみよう。



今、企業の広告はFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアと切っても切れない関係となった。クオリティを求められた従来のCMは右から左に流され、「面白い」「有益だ」と思われるものが世の中に広がっていく。自分なりの解釈を付けて友人に即座に伝えられるソーシャルメディアの登場により …

あと92%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デジタル広報再入門 実践編 の記事一覧

広報も売上に貢献する時代、インバウンドマーケティングをPR戦略に組み込む(この記事です)
コンテンツマーケティングの浸透で拡大、広報の役割と可能性を考える
ワコールのニュースページに学ぶ、サイトリニューアルの手順とは?
企業サイトと外部メディアの連携で「情報伝播」を最大化する方法
進む「情報の分散化」、広報管轄での企業サイトリニューアルのポイント
ソーシャルメディアで変わった、米国「パブリックリレーションズ」の定義
広報担当者は知っておきたい!ソーシャルメディアの傾聴・発信、ブロガーとの関係づくりのポイント
もしもあなたの会社が「炎上」してしまったら?ソーシャルリスク対応の3ステップ
ネット告発、悪意のレビュー…2014年の主なネット炎上事例と15の傾向
BtoB、アルバイト多数、ワンマン社長…企業のタイプ別・起こりやすい炎上と対策ノウハウ
広報にも必要なSEMの視点、検索を「攻め」のPRに取り入れるためのポイントとは?
企業のレピュテーションにも影響、広報担当者に必要なSEOの知識を総ざらい

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する