日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

デジタル広報再入門 実践編

企業のレピュテーションにも影響、広報担当者に必要なSEOの知識を総ざらい

小泉由貴子(アイレップ)

今、当たり前のように行われている「検索」は、情報の伝播に大きく影響する。「検索エンジンのアルゴリズムを知り、ユーザーが欲しい情報を発信することが大事」と、アイレップの小泉由貴子氏。広報に必要なSEO=検索エンジン最適化の知識とは?

*1 いくつかある検索エンジンのシステムのうちのひとつ

PR担当者が理解するSEO

SEOと聞くと、社内のウェブ担当者の領域をイメージする方が多いのではないでしょうか?私も前職はシニア向け・BtoCのリアル店舗を持つ業態の広報だったので、ネットのド素人で、SEOが広報に関係があるとはまったく思っていませんでした。しかし、自分自身の情報収集はもちろん、取材依頼をいただく方の経緯を伺っていると、やはりウェブサイト上で情報を探し、それを参照しているのです。

例えば、広報の観点だと、持ち込み企画をつくる際にどうやって情報を探していますか?まずウェブサイトで検索する方が多いと思います。他にも、就職活動をしている学生はどうやってエントリー先の企業の情報を入手するでしょうか?やはりウェブサイトが欠かせないのではないでしょうか。このように、記者やディレクター、株主、学生、転職検討者、競合、クライアント、ユーザーといった様々な「人」が情報を求めているのです。ただ、情報は届かなければ意味がありません。広報担当者は、“発信”するだけが仕事ではなく、正しい公の情報を“届ける”ことも仕事なのです。

では、どうやったら情報を届けることができるのでしょうか。単に発信すれば良いのかというと、そうではないと思います。皆さんがウェブサイトで情報を検索した際に、何ページ目まで見ますか?PCからの検索で約30%、スマートフォンからに至っては半分以上の方が検索結果画面の1ページ目までしか見ていないという調査結果もあります*2

*2 アイレップ調べ http://www.irep.co.jp/press/release/2013/0318.html

本稿では、いくつかある情報伝達手段のうち、人の直接的な目的を反映した検索エンジンでの検索キーワードを通じて、情報を求めている人へ情報を届ける、見つけやすくするために、「検索エンジンと親和性が高いサイトにするための技術」、SEO(Search Engine Optimization)についてご紹介します。

Googleの歴史を知る

検索エンジンは、ユーザーが検索したキーワードに対して、関連性が高いと判断したページの順に表示します。その判断を機械的に行う方法や手順を定めたものを ...

あと87%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デジタル広報再入門 実践編 の記事一覧

広報にも必要なSEMの視点、検索を「攻め」のPRに取り入れるためのポイントとは?
企業のレピュテーションにも影響、広報担当者に必要なSEOの知識を総ざらい(この記事です)
「PR TIMES」に聞く、プレスリリースの外部配信を有効活用するには?
プレスリリース配信、どう変えるべき?デジタル時代の記者の視点とは
「ハイブリッド広報」の時代がやってきた!インフルエンサーと関係を築くには?
オンライン・オフライン別に考える、「口コミ」が生まれやすいコンテンツ3パターン
実例から学ぶ、PR視点で「機能する」企業コンテンツを開発する方法
中川淳一郎さんがジャッジ、愛される企業・叩かれる企業のネット通信簿
広報担当者も知っておきたい、キュレ―ションメディアの仕組みと情報流通
嶋浩一郎さんが語る「激動のネットニュース界、5つの変化」
NewsPicks 佐々木編集長に聞く「キュレ―ションメディアの編集とコンテンツ制作・流通のポイント」
1日1.5億PVのYahoo! ニュースに学ぶ、読まれるニュースの伝え方

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する