広告マーケティングの専門メディア

           

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

いよいよ増えるリアルイベント BtoBでも、心が動くワクワク感を

王 菁氏(TikTok for Business)

イベント前に「知りたい」を高め当日は謎解きフェーズに

2023年はクライアントと直接お会いし、エンゲージメントを高めるイベントニーズが高まり、イベント開催も活発になってきました。

その中、私たちTikTok for Businessがマイルストーンとして最も重視しているのがグローバルで展開している「TikTok for Business For You Summit」です。

4月、日本での開催を皮切りに、世界中のあらゆる市場で開催しています。

伝えたいのは、「TikTokビジネスインパクト」というメッセージ。私たちは、TikTok広告によるTikTokビジネスインパクトの再現性をこのワンメッセージで表し、あらゆるチャネルで発信しており、本イベントを「TikTokビジネスインパクト」への認知・理解を深めるためのキャンペーンの山として位置付けています。

BtoBマーケティングならではのポイントは、イベント当日だけではない情報拡散のデザインです。大切なのは、【POINT1】で示した図表の通り、当日の段階で、情報が浸透するフェーズは2段階目に入っているという点です。

記事やコンテンツを通して常に情報発信をしていくなかで、イベント情報を解禁する段階では...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する