広告マーケティングの専門メディア

           

広告業界トピックス

NHKのラジオ、衛星・国際放送のネット配信 総務省の公共放送WGが必須業務化を検討

明石庸司

BS放送の配信の必須業務化
NHKは当面見送る意向

総務省の有識者会議「デジタル時代における放送制度の在り方に関する検討会」(放送制度検討会)でNHKのインターネット配信の在り方を検討する「公共放送ワーキンググループ(WG)」は、11月9日に第15回の会合を開催した。

10月18日に公表された放送制度検討会の「第2次取りまとめ」では、NHKの地上テレビ放送の同時・見逃し配信について、必須業務化の提言を行ったのに加え、ラジオ、衛星放送、国際放送のネット配信(同時・見逃し/聞き逃し配信)のNHKの必須業務化の是非についても検討が提言された。この提言を受け、同WGでは検討を進め、2023年内を目途に結論を出すこととしている。

第15回会合では、NHKへのヒアリングが実施された。NHKはラジオと国際放送の配信については条件付きであるものの前向きな姿勢を見せたが、衛星(BS)放送の配信の必須業務化については、当面の間見送りたいとの意向を示した。

前号の本稿で紹介したとおり、NHKは2023年12月にBS放送をBS(2K)とBS4Kの2波に再編し、2024年3月末で現状のBSプレミアム(2K)を停波する。BS放送は、現在、一部番組をNHKオンデマンド(NOD)で配信しているものの、同時・見逃し配信は行っていない。

ラジオ放送は、「らじる★らじる」において、中波のラジオ第1、第2とFMの同時配信を実施。聞き逃し配信も全国番組と一部(8局)の地域番組で実施している。また、ラジオ第1とFMは「radiko」での配信も行っている。

第15回会合でNHKは、現状を報告したうえで、「NHKとしてはネットでも視聴者・国民の...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

地方紙各社の事業さらに多様に 情報発信の強化も見据える
The Power of OOH ロケーションからオーディエンスへ
集英社が広告配信・分析サービスの提供開始 大手出版社を中心にCDPの導入が進む
地上テレビ番組の同時・見逃し配信 総務省有識者会議は必須業務化提言
出版社系Webメディアは「長期的ファンづくり」に貢献できるのか
The Power of OOH 行動ターゲティングのパワー
地方紙各社がデジタル教材拡充 地域の学校への展開も広がる
民放連が誹謗中傷に関する条文を新設 放送界全体で出演者を保護
専門性の高い雑誌デジタル広告の本質的な価値とは
The Power of OOH コラボレーション

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する