広告マーケティングの専門メディア

           

宣伝会議賞

中高生部門応募者だけの特権 プロのコピーライターが教える「出張授業」

「宣伝会議賞」の中高生部門には「出張授業」というプログラムがあることをご存知でしょうか。学校単位やクラス単位で行われる、中高生部門にしかない授業です。講師を担当するの現役で活躍するプロのコピーライター。ここでは全国の学校からの応募が絶えない「出張授業」の様子を紹介します。

出張授業とは?

Q.いつから始まった?

A.中高生部門を開設した2016年から実施しています。今年度も全国の学校からたくさんの応募があり、そのうち9校で行いました。講師はプロのコピーライターの方々です。

Q.全国から応募可能?

A.昨年からオンラインでの授業を開始しました。また今年は初めて中高生向けのオンラインコピー講座を実施したり、ワークシートを新しくしたりと、先生方のご意見やご要望を取り入れています。また、これまでは「団体応募」の範囲として「学校」のみとしていましたが、今年からは塾や児童館での応募も可能になり、まだ少数ですがエントリーいただいています。

担当教員の声



●マーケティングの授業の、販売促進、PR活動という単元でコピーライティングについて学んでいます。出張授業はとても楽しく興味深いものだったようで、「キャッチフレーズで商品のイメージが変わったりして面白かった」「コピーライターという仕事の内容と大変さを知れてよかった」といった感想もありました。

●生徒たちはこれまで小論文やSNSなど、言葉を自由に使った伝達は数多く経験してきましたが、想いを一言に縮して伝えるという難題に、表現の不自由を楽しみながら四苦八苦していました。生みの苦しみと、あーその感じわかる!と誰かに伝わったときの喜びを感じられたようです。

●コピーライティングを通して、「心を動かす言葉=価値ある情報をつくる面白さ」を体験させたいと...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

中高生部門応募者だけの特権 プロのコピーライターが教える「出張授業」(この記事です)
世界の見方を変える そんな言葉の発明を
「脂」を「肉汁」と言い換えると、なぜおいしく聞こえるのか
コピーライター徹底討論「なぜ、あのコピーは名作と呼ばれるのか」
国語辞典編纂者とコピーライターが語る 逸脱した言葉が惹かれる理由
元プロ野球選手とコピーライターが語る 人を奮い立たせる「ここ一番」の言葉
協賛企業の誌上オリエンテーション(7)
協賛企業の誌上オリエンテーション(6)
協賛企業の誌上オリエンテーション(5)
協賛企業の誌上オリエンテーション(4)
協賛企業の誌上オリエンテーション(3)
協賛企業の誌上オリエンテーション(2)
協賛企業の誌上オリエンテーション(1)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する